ネイティブはこう表現

英語はシンプルに!10連休を英語で言うと?連休に関する英語表現15選

GWが待ち遠しい人
「ゴールデンウイークがもうすぐ。待ち遠しいなあ。あれ、10連休って英語で何て言うんだろう?10 holidaysでいいのかなあ。正しい表現があれば教えてください。」

こういった疑問に答えます。

テーマ

休日に関する英語ならではの表現を学ぶ

目 次
  1. 「あなたは10連休なの?」を英語で表現するには?
  2. 「連休」を文字通り英語にするとどうなるの?
  3. 週末(土日)を含めた連休の表現

今回は、連休や休日の英語表現について解説していきます。日本語と英語では若干表現の仕方が違うので、英語ならではの言い回しと感覚を掴んでくださいね。

「あなたは10連休なの?」を英語で表現するには?

※更新情報(2019.5.7)

「日本は10連休でした。」
→ We had 10 holidays in a row in Japan called Golden Week.
または
→ We had 10 consecutive holidays in Japan called Golden Week.
※in Japanは入れなくてもOK。

「10連休」を英語でどう言うか。

結論から言うと、

10 days off
the holidays

この2つが最もよく使うパターン。短くて意外かもしれませんが、英会話は短いのが一番なのでこれで十分です。

実際の会話例をご覧ください。

10連休を使った会話例

A: Do you have 10 days off for Golden Week?
 (GWは10連休なの?)
B: Yeah, just like in the calendar. What about you?
 (うん、暦通りにね。あなたは?)
A: Nah, I’m all by myself so, might as well be working every day.
 (いや~、自営業だから、ずっと働いてたほうがいいかなって。)

10 days off(10日間の休み) のようにあえて短く言ったほうがスッキリして自然になります。

他の英語情報ブログなどは、”10-day holiday”, “10-day holiday period”, etc.などと解説しているところが大半だと思いますが、短い方が英語としては圧倒的に自然です。

おそらくそのブログ執筆者はネイティブと会話慣れしていないか、ネイティブに指摘してもらったことがないので、そう書いているのでしょう。英語のコツは、元の日本語をあまり細かく考えすぎず、端的にスパッと表現することです。

日本語にこだわらず英語は端的に!

Do you have 10 days off for GW?
(GWは10連休?)
What are your plans for the holidays?
(GWはどんな予定なの?)
Any plans for the holidays?
(GWは何か予定ある?)

「GWが楽しみ!」はこちらをどうぞ

「GWが楽しみだ」は英語で?「楽しみ」のネイティブ流言い回し5選いよいよ明日から10連休のゴールデンウイークが始まりますね。いろんな予定を立てて楽しむ方も多いと思います。こういう時間の取れるときこそ、英語に触れる機会を増やそう!という思考回路の方は、今後の人生で絶対に英語が伸びますよ。...

「GWまであと3日だね!」はこちらをどうぞ

「GWまであと3日だ」の英語は?距離や時間を表すAwayの使い方と例文24選こんにちは、小野です。 away という単語は、Go away (あっちに行って!) や Stay away(近づかないで!)、Put...

「連休」を文字通り英語にするとどうなるの?

では、きちんと文面等で「10連休」と文字通り表現したい場合はどうなのか気になる方も多いと思いますので、深掘りしますね。

「連休」は「連続した休日」なので、「連続」を英語でどう表現するかということですが、「連続」に関連した言葉を列挙してみると、

「連続」関連の単語

continuous
series
serial
sequential
successive
consecutive
one after another
back to back
straight
in a row

結構ありますね。知っていたほうがいいのは太字の単語だけです。

そのうち、「5日連続で」「3回連続で」などのように「~連続で」とするには英語で次のようになります。

「10連休」

10 days off in a row (or 10 holidays in a row)

または、形容詞 consecutive を入れます。

10 consecutive days off (or 10 consecutive holidays)

ただし、この表現はなるべく強調したい時だけ使ってください。ふだんは 10 days off で十分です。

その他の「~連続で」の表現

5 times in a row
(5回連続で)
3 years in a row
(3年連続で)
9 strikeouts in a row
(9連続奪三振)
lose 3 games in a row
(3試合連続で負ける)
pull 3 all-nighters in a row
(3晩連続で徹夜する)
She had 3 baby boys in a row.
(彼女は男の子を続けて3人産んだ)
I have 10 classes back to back.
(今日は授業が10コマ連続であるよ)
We did 3 performances back to back last night.
(昨夜は立て続けに3回ステージに立った)

週末(土日)を含めた連休の表現

先程までは、10連休の言い方を解説しましたが、実は通常の3連休などの場合は、別の言い方があります。

連休は大抵の場合、週末をまたいで(土日を含めて)3日ありますね。したがって、英語圏では、週末をまたいだ3連休のことを、

a 3-day weekend 「3連休」

ネイティブは大抵このように表現します。通常は週末は2日ですが、「3日間の週末」みたいに表現するわけですね。

I’m gonna take a 3-day weekend this week.
(今週は3連休を取るよ)
It’s a bummer (that) we don’t have any 3-day weekends in June and December!
(6月と12月に祝日がないなんて、最悪だなあ)
 ※a bummer = 非常にガッカリすること、嫌な事。

日本人の盲点を学べるおすすめの本【厳選2冊】

最後に、ネイティブの英語感覚をマスターするうえでおすすめの書籍を紹介しておきます。初心者から上級者まで、英語学習者なら読んでおくべき2冊です。目からウロコの解説がギッシリ詰まってます。ぜひどうぞ。

あとがき

いかがでしたか?

「3連休」= a 3-day weekend
「10連休」= 10 days off

英語はなるべくシンプルにコンパクトにするほうが吉です。私の場合は会話中はあまり長い単語が好きではないので、in a row を付けずに、3連休すらも 3 days off または the long weekend と言って済ませてしまうことが多いです。

最後に、こちらの記事も関連した重要な内容なのでぜひどうぞ。

GW連休中は映画や海外ドラマでぜひ英語漬けに!Friendsもおすすめ!こんにちは、小野です。 いよいよ明日からGWがスタートですね。ぜひ時間を作って、映画や海外ドラマなどの鑑賞&英語勉強など、普段はあ...
「彼はまだ5歳の子供だよ」は英語で正しく言うと?こんにちは、小野です。 今回は、ぜひ覚えておきたい形容詞の重要な使い方を解説していきます。 「彼は5歳です」は英語で He'...
「今年の山の日 (Mountain Day) は土曜日です」を英語にする際の盲点とは?こんにちは、小野です。 2016年に新たに始まった祝日で「山の日」がありますね。例えば、今年の山の日が土曜日になっているとします。「今...


ABOUT ME
アバター
小野 秀政
中学1年の春に何気なくラジオ講座「基礎英語」を始めたのがきっかけで英語の世界に魅了される。そこから1日も欠かさず発音を中心に練習を続けた結果、18歳頃までにはネイティブと会話できるレベルに。社会人になってからは、英語関連の仕事をしながら、社会経験を積み、35歳で独立し、当スクールを立ち上げ、現在に至る。東京都港区在住、宮城県仙台出身。現在は日本人の生徒さん達にSkypeで日々英語のレッスン。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です