とっさの重要フレーズ

“I see” を「わかりました」と思っていませんか?【相づち厳選15】

英語の相づちが上手く言えない人
「ネイティブとの会話でうまく相づちを言えるようになりたいな。でも、Yes/Okay/I see くらいしか知らない… たまに変な空気が流れるのはそのせいかな…汗 使いこなすにはどうしたらいいのか…」

こういった疑問に答えます。

本記事のテーマ

英語の相づちのバリエーションを増やす

英語の会話では、適材適所で相づちをすることは非常に重要ですが、ほとんどの方の英語を聞いていると、うまく出来ているところをあまり見かけないのが現状です。

当たり前ですが、英語を話しているときは、すべてを英語のチャンネルに切り替える必要があるので、間違っても「そうそう」「え~と」「え~」「ふーん」「へえ~」などの日本語は厳禁です笑。

“I see” を「わかりました」と思っていませんか?

I see. (わかった。なるほどね。)

会話でよく使うと思われがちですが、実は・・・ほとんど使いません。

このフレーズは、昔からなぜか必ずと言っていいほど学校で習いますよね。でも、実際はネイティブはそれほど使いません。たまに使うだけです。

相手の話がきちんと理解できたときなどに「なるほど~、そういうことなのね」というニュアンスであれば使ってもOKです。何か頼まれたときや、5分後にコールするね、などと言われたときの、単純な軽い受け答え「わかった」は、”Okay” で十分。

「わかった。了解」と言いたい時に、くれぐれも、I see(なるほどね~)と間違って受け答えしないように注意ですね。

ネイティブがよく使う相づちフレーズ厳選15

  1. Right.  そうだね。その通りだね。
  2. I understand.  なるほどね。わかるよ。
  3. I got it.  わかった。
  4. Gotcha.  わかった。
  5. Alright.  わかった。
  6. Aight.  わかった。
  7. I agree.  そうだよね。同感だよ。
  8. I couldn’t agree with you more.  全くその通りだよね!
  9. You bet!  確かに。そうだよね。
  10. I see.  なるほど、そういうことか。よくわかったよ。
  11. Uh-huh.  うん、うん。えー、えー。
  12. Mm-hmm.  うん、うん。えー、えー。
  13. Oh, yeah?  へー、そうなんだ。そうなの?
  14. That’s true.  全くだよ。その通りだよ。
  15. I will!  わかった!やっておくよ。(頼まれ事に対しての返答)

映画やドラマなので、アメリカ人がどういう場面でどういう受け答えをしているか、いつも注目するようにすると、次第に慣れてきますよ。
ちなみに、この中で、ダントツでアメリカ人が使うのが “Right.” ですね。

ひとつだけ注意点ですが、日本人はよく会話の最中に「うん、うん、うん。えー。えー。はい。はい。」「はあ~、なるほど~。へ~。」などと、うなずきながら、超頻繁に頭をカクカク揺らしますが、この光景は欧米人の目には非常に奇妙に映ります。

彼らはそのような相槌は絶対にしません。むしろ、ある程度、黙って首も動かさず、じーっと相手の目を見て、あまり相槌を入れずにしていることがほとんどです。これは「ちゃんとあなたの話を聞いてますよ」(I’m listening) という意思表示なのです。

相槌は本当にたま~に ”Yeah” “Right” “Uh-huh” くらいで十分なんです。ですので、会話ではなるべく我慢して相づちを打ち過ぎず、じーっとしてること。日本人同士の会話とかなり違いますね。