ネイティブはこう表現

Belongは「所属する」じゃないの?知っておきたい意味と使い方3選!

こんにちは、小野です。

今回は、日本語の感覚とは違う英語ならではの、belongを使ったネイティブフレーズをご紹介します。

この動詞の使い方を知っておくと、いろいろな場面で役に立つので、会話では非常に便利な動詞ですよ。

それでは早速見ていきましょう。

テーマ

動詞belongの本来の使い方を学び、表現の幅を広げる

目 次
  1. Belongは「所属する」じゃないの?
  2. 「R音を変な所で発音してしまう」は英語で?
  3. あとがき

Belongは「所属する」じゃないの?


中学生の頃に、このような例文を覚えた記憶がある方も多いと思います。

I belong to the tennis club.
(私はテニス部に所属しています)

最初にこのような例文で覚えてしまうと、「belong = 所属する」というイメージを持ってしまいますよね。間違いではないですが、実は本来の意味からはちょっとズレています。

Belongの本来の意味は、次の3通りです。

Belongの本来の意味

  1. belong + 場所
     = (人が)ふさわしい場所にいる/いるべき場所にいる
     = (物が)適切な場所にある/あるべき場所にある
  2. belong to 人
     = ~のものだ、~が所有している(所有物だ)
  3. belong to 物
     = ~に所属している、一員だ

では、代表的な例を見ていきましょう。

① belong + 場所

人や物の「居場所」を表す
(人が)ふさわしい場所にいる/いるべき場所にいる
(物が)適切な場所にある/あるべき場所にある

「場所」は、here, there, at the station, in Tokyo など場所であれば何でもOKです。

You don't belong here.
ここはお前のような人間が来る場所ではない
I don't belong here.
ここは性に合わない、場違いな気がする
You belong with me.
君の居場所は僕のところだよ。
That belongs in a museum.
それは博物館のものだ(下記動画参照)
※That should be in a museum.でもOK

↑ この文は映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」の中でも使われています。インディが最後のほうでこのセリフを言ってますのでぜひご覧ください。

Small world, Dr. Jones.
Too small for two of us.
This is the second time I've had to reclaim my property from you.
That belongs in a museum!
So do you!
 
世界は狭いな
あんたと僕にはね
君から取り返すのは2度目だ
博物館のものだ!
君もだろ!

 

② belong to 人

~のものだ、~が所有している(所有物だ)

This car belongs to my father.
この車は父親のです。
The baby belongs to me.
その赤ん坊は私のです。
Who does this belong to?
これは誰のですか?

③ belong to 物

~に所属している、一員だ

I belong to the golf club.
私はゴルフ部の一員です。
Lions belong to the cat family.
ライオンはネコ科です。

「R音を変な所で発音してしまう」は英語で?


ネイティブと英語について話をしていると、時々日本人の発音が話題になります。

その中でもよく話題に上がるのは、R音の発音。しかも、発音そのものではなく「Rを変な所で発音していることが多い」という意見が大多数。これは僕も全くの同感です。

この「変な所で」を、ネイティブは実際の英語でどう表現したと思いますか?

「Rを変な所で発音していることが多い」

これをそのまま英語にするのは無理なので、英語にしやすいように少し言い換えてみましょう。

「Rを関係のない箇所(ふさわしくない箇所)に入れる」
→「Rをbelongしない所にputしてるね」
You put (your) R's where they don't belong

英語ではこのように表現します。実際にネイティブの友人が言ったセリフは次の通りです。

He's trying to avoid putting Rs where they don't belong, but sometimes it still slips in.
(彼は変なところでR音を出さないように頑張ってはいるけど、時々まだ入ってしまう時がある)

「変なところで・関係ないところで」

where it doesn't belong
where they don't belong

この固まりを文の最後に付ける

※where it belongsは「元の場所」

その他の例文

She sometimes puts her L's and R's where they don't belong.
(彼女は時々、変な箇所でLとRの音を入れる)
He has an attitude that doesn't belong in modern society.
(彼は、現代社会では受け入れられないような態度をいつもしてしまう)
Don't put your stuff where it doesn't belong.
(自分の物を関係ないところに置かないで)
Put it back where it belongs.
(それを元の場所に戻してね)
I hate when people stick their nose where it doesn't belong.
(余計なお節介や詮索をしてくる奴は好きじゃない)
"Green, seven, orange, blue" - Out of these four words, what does not belong?
(「グリーン、セブン、オレンジ、ブルー」、この中で他の物と関係のない物はどれ?)
I worked there for 5 years, but I never felt I belonged.
(そこで5年も働いたが、少しも馴染めなかった)
Who does this baby belong to?
(この赤ちゃんは誰の子?)
This statue belongs in a museum.
(この銅像は博物館に返すべきです)

【会話例】
Mom: Put these toys where they belong.
(このおもちゃ、元の場所に戻しなさい)
Son: Okay, mom. I'll do it later.
(わかった。後でやるよ)
Mom: Do it now!
(今やりなさい!)

あとがき

大抵の方はbelongのうしろは「to」が来るという先入観があったと思いますが、今回お話しした通り、実は様々なパターンがあるということですね。

そして、「所属する」という意味にしても、沢山の中のひとつの意味に過ぎない、ということです。

実際の会話では、特に「変なところで、関係ないところで」の意味で使うことが非常に多いので、ぜひその意味でbelongを覚えておいてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です