文法の盲点

「今年の山の日は月曜日です」を正しく言えますか?【曜日の表現】

今年の8月10日「山の日」は月曜日ですね。3連休です。

では「今年の山の日は月曜日です」は英語でどう言えばいいでしょうか?

今回は、日本人が意外と間違えやすい「今年の△△は〇曜日です。」の言い方を解説してみます。

「今年の山の日は月曜日です」の英語は?


「今年の山の日は月曜日なので、3連休になります。」と言いたいときは、どう表現するでしょうか?

「山の日」は簡単に "Mountain Day" としましょう。

「今年は月曜日にあたります」を英語で表現するとこうなります。

Mountain Day will be on a Monday this year.

よくご覧ください。"on Monday" ではなく、on a Mondayになります。冠詞aが入ります。

「on Monday」と言ってしまうと、直近の月曜日のことを指すので「今度の月曜日」になってしまうからです。

ここで、日本人の盲点となる3種類の曜日の言い方をまとめておきます。

曜日の3つの言い方
  • on Monday 過去または未来の、直近の月曜日
  • on a Monday カレンダー上のたくさんある月曜日のひとつ
  • on Mondays 毎週月曜日

「8月10日は "山の日" という祝日です。今年は月曜日なので、3連休になります。」
August 10th is a national holiday called Mountain Day. It will be on a Monday, which means we're gonna have a 3-day weekend.

曜日の3つの言い方を区別しよう


他の例文で、曜日の3つの言い方を区別する主な場面をみておきましょう。

My birthday is on a Monday this year.
今年の誕生日は月曜日です。
※たくさんある月曜日のひとつだから on a Monday

Finding a dentist on a Sunday is a pain.
日曜日に歯医者を探すのは大変だよ
※たくさんある日曜日のひとつだから on a Sunday

"Are you free on the 25th?" "Is that a Wednesday?"
「25日は空いてる?」「それって水曜日?」
※たくさんある水曜日のひとつだから a Wednesday

I went to Sapporo on Sunday.
日曜日に札幌に行きました
※この間の直近の日曜日だから on Sunday

I'm going to Sendai on Saturday.
土曜日に仙台に行きます
※今度の直近の土曜日だから on Saturday

I go to the gym on Sundays.
毎週日曜日はジムに通っています
※毎週だから on Sundays

あとがき

単数や複数の違い、または、可算不可算の違いは、日本人にとって克服しなければならない大きな壁とも言えますね。

これらの違いを感覚的につかんでいくには、やはり何年もの練習が必要です。彼らネイティブ自身も、幼少期の3歳~7歳までの最初の5年くらいにかけて、この感覚を自然に身に付けています。

出来るだけたくさんの例文に触れて、自分の感覚の精度を高めていってくださいね。

ぜひ下の記事も参考にご覧ください。

名詞の間違いは危険!数えられる・られない(可算不可算)使い分けネイティブは幼少期から、単数複数、可算不可算の区別を自然と吸収します。こういった情報を自然と頭の中で処理して、文を理解しています。つまり、彼らはこれらの情報がないと文の意味が理解できないということです。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です