ネイティブはこう表現

「今年の勤労感謝の日は土曜日です」日本人には盲点の曜日表現3選

こんにちは、小野です。

今年の11月23日「勤労感謝の日」は土曜日ですね。土曜日のため、休日が増えるわけではないので、大抵の方は気にも留めていない祝日だと思います。

では「今年の勤労感謝の日は土曜日です」は英語でどう言えばいいでしょうか?

今回は、日本人が意外と間違えやすい「今年の△△は〇曜日です。」の言い方を解説してみます。

テーマ

曜日の3つの表現を学ぶ

目 次
  1. 「今年の勤労感謝の日は土曜日です」を英語にする際の盲点とは?
  2. 曜日の3つの言い方を区別しよう
  3. あとがき

「今年の勤労感謝の日は土曜日です」を英語にする際の盲点とは?


「今年の勤労感謝の日は土曜日です。なので、残念ながら3連休ではありません。」と言いたいときは、どう表現するでしょうか?

まずは簡単に勤労感謝の日を説明してみましょう。

November 23rd is a national holiday in Japan called Labor Thanksgiving Day.
11月23日は、日本では「勤労感謝の日」という国民の祝日です

実は重要なのはそのあと。

「今年は土曜日にあたります」を英語で表現するとこうなります。

It’ll be on a Saturday this year.

よく見てください。”on Saturday” ではありません。on a Saturday になります。冠詞「a」を必ず入れること。

「on Saturday」は直近の土曜日のことを指すので「今度の土曜日」になってしまうからです。

ここで、日本人の盲点となる3種類の曜日の言い方をまとめておきます。

曜日の3つの言い方
  • on Saturday 過去または未来の、直近の土曜日
  • on a Saturday カレンダー上のたくさんある土曜日のひとつ
  • on Saturdays 毎週土曜日

「今年の勤労感謝の日は土曜日なので、残念ながら3連休ではありません」
We have a holiday called Labor Thanksgiving Day in November, but it’s on a Saturday this year, which means we’re not gonna have a 3-day weekend.

曜日の3つの言い方を区別しよう


他の例文で、曜日の3つの言い方を区別する主な場面をみておきましょう。

My birthday is on a Monday this year.
今年の誕生日は月曜日です。
※たくさんある月曜日のひとつだから on a Monday

Finding a dentist on a Sunday is a pain.
日曜日に歯医者を探すのは大変だよ
※たくさんある日曜日のひとつだから on a Sunday

“Are you free on the 25th?” “Is that a Wednesday?”
「25日は空いてる?」「それって水曜日?」
※たくさんある水曜日のひとつだから a Wednesday

I went to Sapporo on Sunday.
日曜日に札幌に行きました
※この間の直近の日曜日だから on Sunday

I’m going to Sendai on Saturday.
土曜日に仙台に行きます
※今度の直近の土曜日だから on Saturday

I go to the gym on Sundays.
毎週日曜日はジムに通っています
※毎週だから on Sundays

あとがき

単数や複数の違い、または、可算不可算の違いは、日本人にとって克服しなければならない大きな壁とも言えますね。

これらの違いを感覚的につかんでいくには、やはり何年もの練習が必要です。彼らネイティブ自身も、幼少期の3歳~7歳までの最初の5年くらいにかけて、この感覚を自然に身に付けています。

出来るだけたくさんの例文に触れて、自分の感覚の精度を高めていってくださいね。

ぜひ下の記事も参考にご覧ください。

名詞の間違いは危険!可算不可算および単数複数の使い分け重要文15選ネイティブは幼少期から、単数複数、可算不可算の区別を自然と吸収します。こういった情報を自然と頭の中で処理して、文を理解しています。つまり、彼らはこれらの情報がないと文の意味が理解できないということです。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です