会話頻出の構造

「~してごめんね/I’m sorry __」謝罪の知っておくべきパターン5選!

英語で謝る時の表現に悩んでる人
「遅れてごめんね、のように日本語はシンプルな構造だけど、英語はどうなのかなあ。I’m sorryの後ろはどう続ければいいのか、なんかいろいろあってややこしい。」

こういった疑問に答えます。

テーマ

英語で謝る時の重要パターンを学ぶ

目 次
  1. 「~してごめんね/I’m sorry __」謝罪の知っておくべきパターン5選!
  2. 「ごめんなさい」以外のSorryの使い方5選
  3. ネイティブ感覚をマスターできるおすすめの書籍【厳選2冊】

記事を書いている僕は、英語歴36年、講師歴20年、英語業界でプロとして生きています。現在は、当サイトのSkypeレッスンで発音から英会話まで日々英語を教える傍ら、当ブログで英語学習に役立つ情報を発信しています。そして、その信頼性担保のために、当サイトの マークがある音声はすべて私の声で収録しています。

本記事では、ふだん英語を勉強しているけど伸び悩んでるかも、と感じている方に向けて書いています。少しでもネイティブの感覚を知り、毎日の英語の勉強がより一層楽しくなることを祈っています。

この記事を読むことで、「ネイティブが使う様々な謝る表現」を場面別にイメージできるようになると思います。

それでは、さっそく見ていきましょう。

「~してごめんね/I’m sorry __」謝罪の知っておくべきパターン5選!

日本語で「ごめんなさい」と謝る時の表現は、他にも、「ごめん」「すまない」「すみません」「悪いね」など、丁寧な言い方もあれば、カジュアルなものもありますね。相手や場面に応じて、私たちはそれらを無意識に上手く使い分けています。

英語ではどうですか? ”I’m sorry” のワンパターンになっていませんか? しかも、I’m sorry (…) に続く後ろの部分をどう言えばよいか、いつも悩んでいませんか?

今回は、そうした弱点を克服していただくため、よくある文の構造パターンを下にまとめました。例文を何度も音読練習して、どのパターンがどの構造を取るのか、感覚を養ってくださいね。

1) I’m sorry S + V
→「~してしまってごめんなさい。」

I’m sorry + 文(S+V)

  1. してしまったこと、もしくは、もう決定してしまったことに対して謝る
  2. 過去の事(してしまった事)に対して謝る文は、たいていはこの形を取る。
  3. どの形にするか迷ったら、この「I’m sorry + 文」の形が無難。
  4. 謝っている原因を後ろのthat節でつなげるので、sorryにコンマはつけない

I’m sorry I’m late. 遅れてごめんね。
I’m so sorry I hurt you. 傷つけてしまってごめん。
Sorry I broke my promise. 約束を破ってごめんなさい。
Sorry I asked. ごめん、余計な事を聞いたね。
I’m sorry I was being emotional(upset). 感情的になってしまい、ごめんなさい。
Sorry I can’t make it tonight. 申し訳ないんだけど、今夜行けなくなったよ。
I’m sorry I’m not gonna make it to Shinjuku at 8 tonight. ごめん、今夜8時に新宿に行けなくなったよ。
Sorry I didn’t call. 電話できなくてごめんね。
Sorry I didn’t tell you this earlier. 黙っててごめんなさい。
Sorry I took so long. 遅くなってごめん。
I’m sorry I called so late. こんな時間に電話してごめんね。
Sorry I missed your call. さっき電話に出られなくてごめん。
I’m sorry I put you through this. こんな目に遭わせてしまってごめん。
Sorry I kept you waiting. 待たせてしまってごめん。
I’m so sorry I had to ask you this on such short notice. 急なお願いで本当に申し訳ない。
Sorry I’ll be 10 minutes late. すみませんが、10分遅れます。
I’m sorry I wasn’t around. 側にいてあげられなくて、ごめんね。
Sorry I yelled at you. 怒鳴ってしまってごめん。
I’m sorry I have to cancel at the (very) last minute. ギリギリでキャンセル(ドタキャン)してしまい、申し訳ありません。
I’m sorry I can’t come in today. I feel really sick. (電話で)すみませんが、今日は出社できません。具合が悪いんです。
I’m sorry I won’t be in today.?(電話で)すみませんが、今日は出社できません。
Sorry I won’t be coming in today. (電話で)すみませんが、今日は出社できません。
Sorry I was going off on a tangent. 話が脱線してしまってごめんなさい。

2) I’m sorry for …
→「~のことはごめんなさい」

※してしまったことに謝る
※名詞(特に、the delay, the inconvenience, the trouble)が来る場合はこの構文

Sorry for the inconvenience. ご不便をおかけして申し訳ありません。
I’m sorry for the way I was so smothering and selfish. 息苦しい思いをさせてしまったり、自分の事しか考えてなくて、ごめんなさい。
I’m sorry for all the trouble. 面倒をかけてごめんね。
I’m sorry for the late reply. (Email) 返信が遅くなり申し訳ございません。
Sorry for yelling at you back there. さっきは怒鳴ってしまってごめんね。
Sorry for not inviting you. あなたのことを呼ばなくてごめんね。
Sorry for not being able to reply sooner. すぐに返信できなくてすみませんでした。
Sorry for the delay. (対応や作業が遅れた場合に使う。遅刻した場合は Sorry I’m late.)遅れて申し訳ございません。
Sorry for the short notice. 急なお願いで申し訳ございません。

3) I’m sorry about …
→「~のことはごめんなさい」

※してしまったことに謝る
for よりも口語的。

Sorry about earlier. さっきはごめんね。
Sorry about what happened earlier. さっきはごめんね。
Oh, sorry about that! I’ll get it tonight. あ、ごめんごめん。今夜買ってくるよ。
Sorry about the mess. 散らかっててごめんね。
I’m sorry about what I said last night. ゆうべはあんな事言ってごめんね。
Sorry about last night. ゆうべはごめんね。
Sorry about what happened last night. ゆうべはごめんね。
Sorry about your car. 車(にあんなことしてしまい)ごめんなさい。
Sorry about all the typos. スペルミスしてしまいごめんなさい。

4) I’m sorry to …, but …
「~で申し訳ないんだけど…」

未来の事(これからすること)に対して謝る時は、この形を取ります。

Sorry to bother you, but … 申し訳ないんだけど~
Sorry to be pushy, but … 厚かましくて申し訳ないんだけど~
Sorry to bug you again on this, but … またお願いして申し訳ないのですが~
Sorry to break the news to you, but… 申し上げにくいのですが~
Sorry to break it to you, but … 言いにくいんだけど~
Sorry to disturb you at this late hour, but …(botherよりdisturbがより丁寧)こんな遅い時間にお邪魔して申し訳ないのですが
Sorry to wake you up so early, but… 朝早くから起こして申し訳ないんだけど
Sorry to interrupt. 話の邪魔をして申し訳ないんだけど
Sorry to trouble you, but… 迷惑をかけて申し訳ありませんが
Sorry to bother you when you’re busy. お忙しいところ恐縮ですが
Sorry to call you so early. こんなに朝早く電話してごめんなさい。
I’m sorry to disappoint you. がっかりさせてしまい申し訳ない。
I’m sorry to put you in this position. こういう立場にさせてしまい、申し訳ない。
I’m sorry to say that I can’t let you do that. 悪いけど、それはさせられないわ(駄目よ)
I’m sorry to tell you this, but … 残念ですが、~

5) I’m sorry if S + V
「~だったらごめんなさいね」

Sorry if I scared you. びっくりさせてしまったらごめんなさい。
Sorry if I offended you. 気を悪くしたのなら謝ります。
Sorry if you’re offended. 気分を害したのならごめんなさい。
Sorry if I upset you. 怒らせちゃったのならごめんなさい。
Sorry if I’m wrong. 間違ってたらごめんなさい。
I’m sorry if I was being straightforward. ストレートに言い過ぎてたらごめんなさい。

「ごめんなさい」以外のSorryの使い方5選

1) Sorry, ….
「ごめん、・・・なんです。」

※最初のSorryは呼びかけです。後ろの文は、謝っている原因ではないので、書くときはコンマを入れます。

Sorry, I can’t hear you very well. ごめん、よく聞こえないよ。
Sorry, I have other plans. ごめんなさい。他に用事があって。
Sorry, did you say something? ごめん、何か言った?
Sorry, I didn’t get your name. ごめんなさい。お名前が聞き取れなかったんですが。

2) 残念な気持ちを表す
「~して残念です」

I’m sorry. それは大変だったわね。(相手の家族等に不幸があった時にかけてあげる言葉)
I’m sorry you didn’t get the job. 面接に受からなかったのは残念だったね。
I’m sorry you feel that way. あなたがそんなお気持ちなのは残念です。
I’m sorry to hear that. それは残念だったね。
I’m so sorry to hear about your father. お父様(が亡くなられて)残念でしたね。
I’m so sorry to see you go. 行ってしまうんだね。とても残念だよ。
I’m sorry for your loss. この度は謹んでお悔みを申し上げます。

3) 後悔の念を表す
「~して後悔したよ」

I’m sorry I asked. 訊いた私がバカだった。
I’m sorry you asked (that). それは訊いてほしくなかった。
Sorry you asked? 訊かない方が良かったんじゃない?
I won’t be sorry to leave this place. ここを出ることに後悔はありません。
You’ll be sorry when your dad knows about this. お父様が知ったら後悔するわよ。
Better safe than sorry. 安全第一。用心するに越したことはないよね。念には念を入れたほうがいいね。

4) 他の前置きの表現

There’s nothing to be sorry about. 何も謝ることなんかないよ。
Sorry? え?(聞き取れないとき)
I’m sorry? え?(聞き取れないとき)
Oh, my bad. Sorry. あ、わりぃ。ごめんね。(非常にカジュアル)
Sorry. My apologies. ごめん。本当に申し訳ない。
I owe you an apology. あなたに謝らなければならないわ。
I wanted to tell you I’m sorry. どうしても謝りたかったんだ。
It’s all my fault. I’m such an idiot. 全部私のせいです。私がバカだった。
I shouldn’t have said that. I’m sorry. あんなこと言わなきゃよかったよ。申し訳ない。
I should’ve told you earlier. I’m sorry. もっと早く言うべきでした。ごめんなさい。
I’m sorry. I didn’t mean that. ごめん。そんなつもりじゃなかったんだ。
I hate to break this to you, but… 言いにくいことなのですが

知っておきたいネイティブの前置きフレーズ13選【配慮・忖度編】こんにちは、小野です。 ネイティブと会話をしていて、このような前置きのフレーズを言いたい時があると思います。 念のために言って...

5) 返答の仕方

返答の仕方はいろいろありますが、下記はよくある言い方の例です。

「大丈夫だよ。別に気にしないで」
No problem.
No prob.
No problemo.
No worries.
That’s okay.

ぜひ覚えたいネイティブの「とっさのフレーズ」【相槌編】日本語には、「なるほど~」「確かに」「へえ~」「ええ、ええ、ええ・・・」など、外国人から見ると日本人特有ともいえる相槌の打ち方があります...
"I see" を「わかりました」と思っていませんか?【相づち厳選15】 英語の相づちが上手く言えない人 「ネイティブとの会話でうまく相づちを言えるようになりたいな。でも、Yes/Okay/I s...

ネイティブ感覚をマスターできるおすすめの書籍【厳選2冊】

最後に、ネイティブの英語感覚をマスターするうえでおすすめの書籍を紹介しておきます。

初級の方へおすすめ

ネイティブ感覚を学びたい方におすすめの書籍です。かなりわかりやすい解説ですよ。

初級~中級者の方へおすすめ

日本語と英語のズレを効率よく学べるおすすめの本です。「日本語はこう言うけど、英語はどうなのかな」といつも疑問に思う良い習慣が身につくと思いますよ。

まとめ

英語で謝る時に気を付けることは、I’m sorry のあとの後半部分、次の5つのパターンが重要です。

  1. I’m sorry + 文
  2. I’m sorry for …
  3. I’m sorry about …
  4. I’m sorry to …
  5. I’m sorry if 文

最後に、謝るだけではなく、お礼を言うときの表現も同時に練習しておくことをおすすめします。下記の記事が参考になるはずです。

「教えてくれてありがとう」は英語で?【感謝の重要な3パターン】何かをしてもらった時に相手にお礼を言う時の表現で、Thanks for …に続くうしろの部分は、名詞の前は the なのか your なのか、迷ったことがありませんか?...

今回は、以上となります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です