単語の正しい使い分け

英語で「~してくれてありがとう」の重要な3つの使い分け【冠詞に注意】

お礼の英語を言う時に不安な人
「英語でお礼を言うときに、”Thank you …” の後がうまく続かない。”for” で続けるのかなあとは思うけど、その先がどうすればいいやら。何かルールやパターンみたいなものはあるんですか?」

こういった疑問に答えます。

テーマ

英語のお礼の言い方で効果的なパターンを学ぶ

目 次
  1. ちょっとした行動や物に対する感謝 [the 名詞]
  2. わざわざしてくれた行動や物に感謝 [your 名詞]
  3. 動詞で表現するときの感謝 [ing]

何かをしてもらった時に相手にお礼を言う時の表現で、Thanks for …に続くうしろの部分は、名詞の前は the なのか your なのか、迷ったことがありませんか?

例えば、Thanks for the help. と Thanks for your help. のどちらが正しいのか、おそらく一度は迷ったことがあると思います。

そこで今日は、たくさんの例を見ながら、the と your の違いを感じ取っていく練習をしてみましょう。

ちょっとした行動や物に対する感謝 [the 名詞]

Thanks for the ____.

the になる場合は、相手が何かちょっとしたことをしてくれた時や、何かちょっとした物をくれた時などです。

  • Thanks for the help.
    手伝ってくれてありがとう。※ your help でもOK
  • Thanks for the compliment.
    褒めてくれてありがとう。
  • Thanks for the heads-up.
    知らせてくれてありがとう。※Thanks for letting me know. でもOK
  • Thanks for the laugh.
    笑わせてもらったよ。
  • Thanks for the ride.
    車に乗せてくれてありがとう。
  • Thanks for the tip.
    得する情報ありがとう。
  • Thanks for the coffee.
    コーヒーご馳走様。
  • Thanks for the meal.
    食事を出してくれてありがとう。
  • Thanks for the advice.
    アドバイスありがとう。
  • Thanks for the update.
    情報ありがとう。
  • Thanks for the company.
    今日は一緒に付き合ってくれてありがとう。
    ※I enjoyed your company のほうがよりナチュラルです。

わざわざしてくれた行動や物に感謝 [your 名詞]

Thanks for your ____.

your になる場合は、相手がわざわざ手間をかけて何かをしてくれた時、または、ビジネス上などで丁寧に相手へお礼を述べたい時などです。

  • Thanks for your help.
    手伝ってくれてありがとう。※ the help でもOK
  • Thanks for your concern.
    心配してくれてありがとう。
  • Thank you for your cooperation.
    ご協力ありがとうございます。
  • Thanks for your time.
    時間ありがとうね。
  • Thanks for your trouble.
    わざわざ手間を取らせてしまって。
  • Thank you for your hospitality.
    おもてなしありがとうございました。
  • Thank you for your attention.
    お聞きくださりありがとうございました。※スピーチや館内放送などで。
  • Thank you for your continued support.
    変わらぬご支援ありがとうございます。※メールなどで。
  • Thank you for your business.
    お買い上げいただき、ありがとうございました。※レシートやメールなどで。
  • Thank you for your interest in our products.
    弊社の製品にご興味をいただき、ありがとうございます。※メールなどで。
  • Thank you for your patience.
    大変恐れ入りますが、もうしばらくお待ちください。※メールなどで。

動詞で表現するときの感謝 [ing]

Thanks for ___ing.

上記1) 2) のような名詞で表現できないときは、動詞のing形で表します。その際の注意点として、動詞ing の前に形容詞やyourなどの単語を置いてはいけません。for の後ろはすぐ動詞ingが来ます。

forのうしろはすぐ -ing

Thank you for your calling.
Thank you for calling.

Thank you for nice chatting.
Thank you for chatting with me.
Thank you for the nice chat.

  • Thanks for calling.
    電話してくれてありがとう。
  • Thanks for letting me know.
    教えてくれてありがとう。
  • Thanks for having me.
    ご招待いただき(呼んでくれて)ありがとう。
  • Thank you for taking the time to talk to me.
    お時間を取っていただき、ありがとうございます。
  • Thanks for asking.
    気にかけてくれてありがとう。
  • Thank you for answering my question.
    質問にお応えいただき、ありがとうございました。
  • Thank you for choosing Japan Airlines.
    この度は、日本航空をご利用いただきありがとうございます。
  • Thank you for coming all the way here.
    はるばる来てくれてありがとう。
  • Thank you for coming on such short notice.
    急なお願いだったのに来てくれてありがとう。
  • Thanks for letting me stay.
    泊めてくれてありがとう。
  • Thanks for sharing.
    わざわざ教えてくれてありがとう。
    ※相手の個人的な聞きたくもないことなどを聞かされて、皮肉でこれを言うことが多い。

ABOUT ME
アバター
小野 秀政
中学1年の春に何気なくラジオ講座「基礎英語」を始めたのがきっかけで英語の世界に魅了される。そこから1日も欠かさず発音を中心に練習を続けた結果、18歳頃までにはネイティブと会話できるレベルに。社会人になってからは、英語関連の仕事をしながら、社会経験を積み、35歳で独立し、当スクールを立ち上げ、現在に至る。東京都港区在住、宮城県仙台出身。現在は日本人の生徒さん達にSkypeで日々英語のレッスン。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です