ネイティブはこう表現

「ケーブルを抜き差しする」英語独特の"back"「~を戻す」の使い方

日本語で自然に使っている言葉でも、英語にはその言い方がない、ということがよくあります。例えばケーブルやコードなどを「抜き差しする」。すぐに英語で言えますか?

今回は、副詞backを使って表現できる、英語のさまざまな表現を見ていきます。

「ケーブルを抜き差しする」は英語で?


日本語の「抜き差し」は、英語にはない表現なので、「一旦ケーブルを抜いて、もう一度さす」という2つの文で言います。

幸い、英語では「ケーブル類をコンセント等のソケットに差し込む」をplug、「ケーブル類をコンセント等から抜く・外す」をunplugのように、動詞一語で済むので、この2つを使います。
(ちなみに、「ケーブル」は何でも構いません。電源コードでもUSB端子でもHDMIケーブルでもLANケーブルでも、全部plug/unplugを動詞で使えます。便利ですね。)

「抜き差しする」
Unplug it and plug it back in.

副詞のbackは様々な動詞と組み合わせOK!


動詞とbackを組み合わせて使うと様々な意味になります。ここでは、会話でよく使う組み合わせをご紹介します。

再度~する・やり直す

putやturnなどの動詞と一緒に使えば、「もう一度~する」の意味。「元に戻す」イメージなのでbackを使う。「もう一度」と言ってもagainを使うわけではないので要注意。
基本的に動詞は何でもOK。特に代表的な組み合わせを挙げておきます。

Unplug it and plug it back in and see if that works.
コードを抜いて、また入れてみて(コードを抜き差ししてみて)。
※「抜き差し」という言葉は英語にないので、この言い方になる。

 
Put them back on the table.
それをテーブルに戻して。
 
Put them back where they were.
それを元の場所に戻して。
 
Put it back where it was.
それを元の場所に戻して。
 
I went back to sleep.
二度寝してしまった。
 
Put it back on.
脱がないでよ。
※衣服、靴、帽子、眼鏡、化粧などを脱いだ(取った)ので、もう一度付けて、の意。

 
Turn it back on.
ちょっと、消さないでよ!
※家電などを消されたので、もう一度付けて、の意。

 
He went back in.
彼はまた中に入って行った。
※一度出てきたが、また戻っていった、の意。

 
She came back in.
彼女はまた入って来た。
※一度出ていったが、また戻って来た、の意。

 
He went back up.
彼はまた上がって行った。
※一度降りてきたが、また戻って行った、の意。

 
Put it back in.
抜かないでよ。取らないでよ。出さないでよ。元に戻してよ。
※入っていた物を抜かれた(出された)ので、また戻して、の意。

be back

「戻って来る」

I'll be right back.
すぐ戻るよ
 
He'll be back in 2 days.
彼は2日で戻って来るよ

take/bring/give/want/have _ back

「借りたものを返す・取り戻す」

I want it back by Thursday.
木曜日までに返して欲しい(※「返したい」の意味ではないので注意)
 
Can I have it back?
それ返してくれる?
 
Can I have my pen back?
ペン返してくれる?
 
You should give it back to him.
彼に返しなさいよ
 
Just bring it back in one piece, okay?
(車などを)無傷で返してよ。
※in one pieceは、バラバラにせずにちゃんと1つの状態として、壊さないで、の意。
 
I need to take this back to Tsutaya by tomorrow.
これを明日までTSUTAYAに返さないといけない。
 
You should be able to claim the money back.
お金は返してもらえるはずだよ。

look back

「過去を振り返る、後ろを振り返って見る」

Don't look back. You have to move on.
過去を振り返ってはダメだよ。前に進まなきゃ。
 
We only get to live life forward, but it never makes any sense until we're looking back.
人生というのは前にしか進めないが、あれはこういう意味だったのかと、後ろを(過去を)振り返った時に初めて人生の意味がわかる。

back there

「さっきは」
back thereは「ついさっきいた場所」のことを指す。

We had a great time back there, huh?
さっきは楽しかったね。
 
Sorry about what I said back there.
さっきはあんな事言ってごめんね。

back then

「当時は、あの頃は」

It was like three dollars, which was a lot of money back then.
それは3ドルもしたんだよ。あの頃は大金だったんだから。

back to back

「続けて、連続して、立て続けに」
終わったらまたすぐ次に続けて行なう状況を指す。

I took 5 classes back to back. I'm so tired.
授業を5コマ連続で受けたから、くたくただ。
 
He performed 3 times a day back to back.
彼は1日に3公演を連続でこなした。

(返事や反応として)相手にも同じ事をする・やり返す

いろいろな動詞と一緒に使って、相手がしたことと同じ事をする、やり返す、の意味。

He never called me back.
彼から折り返し電話はなかった。
 
Have him call me back when he gets back.
戻ってきたら電話するようお伝えください。
 
Don't talk back.
口答えするなよ!
 
I'll pay you back on Monday.
お金は月曜日に返します。
 
If they hit you, you just hit 'em back. Hit them twice as hard!
やられたらやり返す。倍返しだ!

数字 + back「~前に」(agoと同じ)

His wife passed a couple of years back.
彼の妻は数年前に亡くなったよ。
He called me a while back.
さっき彼から電話きたよ。
I can't remember that far back.
そんなに昔のことは覚えていないわ。

「帰省する」はgo backとは言わない?

「今週仙台に帰省するよ」は英語で?「go back」を使わない理由「今週仙台に帰省するよ」は英語でどう表現しますか?残念ながら「帰省する」という英語はないので、それに近い意味で表現するしかありません。go back to Sendai でいいでしょうか?...

あとがき

日本語でもカタカナで「バック」「バックする」などと言ったりするので、backをそのまま動詞で"Let's back"のように使ってしまう方を多く見かけますが、大抵の場合backは動詞と一緒に使います。

今回ご紹介した様々な動詞との組み合わせを覚えることで、ネイティブの発想に少しでも近づいてください。

「バックする、後ろに下がる」は英語で?動詞の「back」を学ぼう backがうまく使えない人 「バックする、は英語で何て言うのかなあ。backって動詞だったっけ?あんまり考えたことなかった...