間違えやすい文法

間違ってませんか?代名詞 Mine Yours の正しい意味と使い方

代名詞がうまく使えていない人
「英文を作るとき、my yourはわかるけど、mine yours はちゃんと使えてない気がするなあ。そもそも “mine=私の物” で合ってるの?ネイティブはどう使ってるのか教えてくださいな。」

こういった疑問に答えます。

テーマ

所有代名詞の正しい使い方を学び、的確に言いたいことを伝える

目 次
  1. 所有代名詞(Mine Yours)ってなに?
  2. 所有代名詞を会話で使う例

この記事を書いている僕は、英語業界でプロとして生きています(英語歴36年うち講師歴20年)。現在は、当サイトのSkypeレッスンで日々英語を教える傍ら、当ブログで英語学習に役立つ情報を発信しています。また、この記事の信頼性担保のために、当サイトの マークがある音声はこのページも含めてすべて私の声で収録しています。

本記事では、ふだんの英語学習で伸び悩んでるかも、と感じている方に向けて書いています。少しでもネイティブの感覚を知り、毎日の英語学習をより一層ラクに楽しくしていってくださいね。

この記事を読むことで、勘違いしがちなmine yoursなどの所有代名詞の本来の使い方を掴めるようになります。

あなたへの前置きメッセージ

ネイティブの感覚を理解できるようになると、自然に英語的発想が身についていくので、日本語の感覚を排除した英語らしい文を作れるようになります。そのためには、よい例文にできるだけ多く触れることが重要です。下のすべての例文に触れて、しっかりとネイティブの感覚を掴みましょう。

それでは、さっそく見ていきましょう。

所有代名詞(Mine Yours)ってなに?

以下はネイティブ同士のよくある初対面の会話です。空欄に当てはまるものを選んでください。

A:? Pleased to meet you. What’s your name?
B:? Sam.?______?
A:? Katherine. Nice to meet you, Sam. Are you from around here?

空欄にはどちらが入るでしょう?
1) What’s your name   2) What’s yours

正解は、2) What’s yours

 

my, your などの所有格は難しくないと思いますが、日本人の盲点となっているのが、実は mine, yours などのほうです。

所有代名詞(または独立所有格)

mine, yours, his, hers, ours, theirs, Tom’s, etc.

これらの言葉は文法用語で、独立所有代名詞 (independent possessive pronouns) と呼ばれ、実は日本人のほとんどが上手く使いこなせていません。

中学校で This is mine などの例文に触れて終わり、という人がほとんどだと思います。重要な使い方が、実は他にもあるのです。

基本的は使い方は、文法的にいうと、状況的に何(誰)を指しているのか明白な場合や、直前に相手が言及した人や物を指して、その名詞の繰り返しを避ける目的で、これらの言葉が使われます。

ちょっと堅苦してわかりづらい説明でしたね笑。わかりやすくまとめます。

所有代名詞の使い方

相手が言った名詞「私の~」を受けて、自分のほうも言いたいときに mine を使う

例)”I love my car” → “I love mine too!”

Mineを使う会話例

A: My eyes are kind of green.
 (私の目は緑かな)
B: Yeah, they’re beautiful. Mine are brown.
 (そうね、キレイだよね。私の目は茶色)

A: I visited my parents last year.
 (両親に会いに行ったのは去年かな)
B: Oh, you did? I visited mine like 10 years ago.
 (そうなの?私は10年前とかだなあ)

この「繰り返しを避けるための代名詞への置き換え」という英語独特のルールに慣れてくると、非常に英語らしい受け答えが出来るようになっていきます。逆を言えば、所有代名詞に置き換えないで名詞を繰り返すと、英語としてかなり不自然になってしまうということです。

所有代名詞を会話で使う例

こうした所有代名詞は、人や物どちらも所有代名詞になります。それぞれ例文で練習して、使いどころに慣れていってください。

物が所有代名詞になる場合

会話例 1)
A: My phone is dead. Can I use yours for a moment? I need to call my wife.
 (携帯のバッテリー切れた。あなたの貸してくれる?妻に電話するから。)
B: Sure. Here.
 (いいよ。ほら。)

会話例 2)
A: When is your birthday?
 (誕生日はいつなの?)
B: March 10th. When’s yours?
 (3月10日。あなたは?)

会話例 3)
A: My driver’s license is valid until May next year.
 (私の免許は来年5月まで有効だよ。)
B: Mine expires soon.
 (僕のはもうじき切れるよ。)

人が所有代名詞になる場合

会話例 1)
A: Your daughter speaks Spanish, right? You must be proud of her.
 (娘さんスペイン語話せるんだよね?嬉しいでしょ。)
B: Yeah, but yours can speak both English and Japanese, which is amazing!
 (まあね、でも君のとこも、英語と日本語両方操れるんでしょ、すごいよ!)

会話例 2)
A: I really want my children to be interested in English when they grow up.
 (子供が将来英語に興味を持ってくれればなあ)
B: Mine are really into Johnny’s guys. There’s no way they’ll study English.
 (うちのはもうジャニーズに夢中だから。絶対に英語なんか勉強しないだろうな。)

会話例 3)
A: Did you and your wife go see your parents during the holidays?
 (休みにふたりで両親に会いに行ったの?)
B: Yeah, we went to see hers but didn’t visit mine.
 (うん、妻のほうには行ったけど、僕の方にはいかなかったけどね。)

あとがき

いかがでしたか?

mineやyoursが、思った以上に会話で使われてるんだなあと感じていただけたと思います。
この所有代名詞は、会話のなかでも咄嗟に言えないといけないので、慣れるまでには1年~2年はかかるかもしれませんが、
少しずつ意識して慣れていってくださいね。

ABOUT ME
アバター
小野 秀政
中学1年の春に何気なくラジオ講座「基礎英語」を始めたのがきっかけで英語の世界に魅了される。そこから1日も欠かさず発音を中心に練習を続けた結果、18歳頃までにはネイティブと会話できるレベルに。社会人になってからは、英語関連の仕事をしながら、社会経験を積み、35歳で独立し、当スクールを立ち上げ、現在に至る。東京都港区在住、宮城県仙台出身。現在は日本人の生徒さん達にSkypeで日々英語のレッスン。