発音上達のコツ

「Naomi」の発音は「ナオミ」じゃないの?スペル「a」の発音法則

こんにちは、小野です。

前回の記事「ドナルド」じゃない!Donald の正しい発音では、Donaldの正しい発音を解説しましたが、実はもうひとり、意外な英語の名前をご紹介します。

今日は、Naomiという名前の英語発音を通して、スペル「a」のときの母音の法則もあわせてお話ししていきますね。

「Naomi」の発音は「ナオミ」じゃない?正しい発音は?


大坂なおみ選手や渡辺直美さんなど、日本語の名前として定着している「ナオミ」は、実は元々英語圏の名前だってご存知でしたか?

「直美、尚美、奈緒美、直巳、、、」などいろいろ漢字があり、女性だけでなく男性の名前としても使われているので、日本の名前だと思い込んでしまいますよね。

実はもともと、英語圏の名前として大昔から存在していて、明治初期のころ、徐々に日本にも広まっていったそうです。当初はその当て字として「直美」が最初だったと言われていますが、次第に漢字のバリエーションも増えていったようです。

肝心の英語の発音ですが、いくつかパターンがあり、代表的な発音は次の通り。

Naomi 普通の速さ
Naomi ゆっくり

驚きですね。日本語の発音とだいぶ違います。音節ごとに区切って見てみると、

Na-o-mi
(Nay-Oh-Me)
ネイ・オウ・ミー

ネイティブは、このようなスペルの見方をしているわけですね。ストレスの位置(強い位置)も真ん中の音節になっていることがわかりますね。

「a」にストレスがあるときの発音


先ほどの「na」の部分は、ローマ字読みすると「ナ」ですが、実際は「ネイ」でしたね。「na」を「ネイ」のように読ませる単語は他にも結構あります。

「na」を「ネイ」のように読ませる単語

name 名前
Nathan ネーサン(男性の名)
Naples ナポリ(イタリアの都市)
Canadian カナダ人

このように、「na」が「ナ」なのか「ネイ」なのかは、単語によって違ってきます。

では、具体的に「a」の発音を見ていきましょう。

単語の中で、「a」にストレスがある場合の母音は、4パターンあります。

スペル「a」4つの発音

  1. Appleの「a」→ アとエの中間(少し伸ばす)
  2. Nameの「a」→ 二重母音[ei](アルファベット読み)
  3. Fatherの「a」→ 大きな口のアー
  4. Womanの「a」→ あいまい母音 ə

順番に見ていきましょう。

① Appleの「a」→ アとエの中間

ポイントは、少し顎を下げて発音すること。この音は頭で考えるのではなく、ひたすら音を真似することでしか身に付きません。

ちなみに、僕が完全にマスターしたなあと感じたのは20歳を超えてからだったので、10年近くはかかったかなと思います。

apple
hand
balance
last
add
answer
class
travel
scalp
chance
happen
traffic
animal
past
habit
Canada
Japan

ローマ字読みをしてしまう習慣があるために、この母音は日本語のふつうの「ア」に非常になりやすく注意が必要です。

ふつうの「ア」で発音してしまうと、下記のような区別がつかなくなり、会話に支障が出てしまいます。

下記の例では、日本人は右側の発音になりやすいので注意しましょう。

app/up
crash/crush
mad/mud
bag/bug
back/buck
track/truck
fan/fun
hang/hung
ran/run
lamp/lump
lack/luck
hat/hut

② Nameの「a」→ 二重母音[ei]

語尾に読まない字「e」がある場合や、カタカナで読んだ時に「エー」と伸ばすような単語は、二重母音[ei]になります。
ポイントは、「エー」ではなく「エイ」のようにアルファベット読みすることです。

name
April
angel
alien
face
place
space
replace
trace
late
gate
Canadian
maniac

※特に、太字の発音に気を付けましょう。カタカナとは違います。

③ Fatherの「a」→ 大きな口のアー

ポイントは、口を縦に少し大きく開けて、伸ばし気味に発音です。

father
watch
want
wash
wallet
pasta
drama

※特に、太字の wa-で始まる単語は、カタカナで「ウォ」となりがちです。「ワ」のように意識しましょう。

※pastaも要注意です。past(過去)のほうの発音は①の「アとエの中間」なのですが、pastaは「アー」です。

④ Womanの「a」→ あいまい母音 ə

ストレスのない弱い位置にある「a」は、母音がハッキリしなくなるので、あいまい母音[ə]と発音されます。
ポイントは、口の周りの力を抜いて、少し「エ」に近い音にすることです。

※必ずスペル「a」の部分に注目して練習しましょう。

-anで終わる単語

woman
ignorant
Megan
Logan
urban
Canadian
Mexican
than

-ateで終わる単語

template
chocolate
delicate

-ageで終わる単語

message
image
damage
manage

-aceで終わる単語

surface
menace
palace
terrace
necklace

その他のあいまい母音「a」

tradition
America
Lucas
accept

【毎日5分】カタカナ発音から脱却!あいまい音でネイティブ発音を習得 英語の発音が苦手な人 「発音がなかなか上手にならないなあ。母音や子音も練習してるつもりなのに、カタカナ発音が直らない。お世...
Privateは「プライベート」じゃない!語尾「ate/age」の正しい発音こんにちは、小野です。 private や chocolate など、語尾が -ate で終わる単語の発音を、いつも「~エイト」「...

あとがき

大坂なおみ選手、Wimbledonで残念ながら1回戦で敗退でしたね。また気持ちを切り替えて次に頑張ってほしいです。

ちなみに、Naomiという名前の発音は、難しいというネイティブも結構多いようです。特に子供は最初はなかなか発音できません。

「ニーオウミー」や「ナイオウミー」のようになってしまうことが多く、正確に発音できないネイティブがいるっていうことも面白いですね。

「ドナルド」じゃない!Donald の正しい発音【母音 "o" の発音法則】単語の中にスペル「o」があるときの母音の法則を学び、カタカナ発音から脱却を目指しましょう。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です