発音上達への近道

Bed や Bag を正しく発音できますか?【語尾の有声音と無声音】

こんにちは、小野です。

ふだんbagやbedをどのように発音していますか?

僕も中学の頃に経験がありますが、おそらくあなたも「bag」を「バック」と発音したり、「bed」を「ベット」と発音したりしてませんか?

今回は、すべての日本人の盲点になっている「語尾にある有声音と無声音の区別」を取り上げます。

「bed」や「bag」を正しく発音できますか?


英語の発音には、大きく分けて有声音と無声音の2種類ありますが、私たち日本人はどうしても語尾の発音が苦手です。

例えば、過去形edの発音などが苦手な日本人が多いのもその良い例です。

私たちが日本語を話すときに、語尾の発音はあまり気にしない、という点がその原因です。

「そのバック取ってくれる?」と言う時に、言う方も言われる方も、「バック」だろうが「バッグ」だろうが、あまり気にしませんね。

この「語尾を気にしない」という私たちの感覚や習慣が、発音の上達を妨げる最大の要因になっています。

英語の発音でも「ク」なのか「グ」なのかをあまりハッキリさせずに曖昧に発音してしまうわけです。

backとbagでは全く違う単語です。英語の世界ではこの区別は必須です。

back → 語尾は無声音[k]
bag → 語尾は有声音[g]

ポイント1 溜めを作る
有声音[g]で終わる時は、なるべく意識して溜めを作るようにします。力を抜いたりすると日本人の発音は自然に[k]となりやすいので、最初のうちは意識して有声音[g]で終えるように練習しましょう。

ポイント2 長めに発音する
無声音のほう(back)は最後[k]は声がないので、全体の長さは短めです。それに対し、有声音のほう(bag)は最後の[g]も声が出ているので全体の長さが無声音のほうに比べ1.5倍程度長めです。

※bedについても上と同様です。

-gや-dで終わる単語を練習しよう


無声音は意識しなくても簡単ですが、有声音がうまく発音できない人が多いので、語尾の有声音をここで練習しておきましょう。ここでは、日本人が最も苦手な[g]と[d]に特化して練習します。

語尾 -d の単語

good
need
made
paid
stood
said
read
road
load
speed
third
head
should
could
cold
stupid
bored*
board*
*この2つは同じ発音!

語尾 -g の単語

blog
frog
jog
dog
tag
flag
drag
jetlag
fog
leg
keg
bug
drug
plug
rug
hug
jug

有声音と無声音をペアで練習しよう


有声音と無声音を比べながら、練習するとより一層効果的です。大半の日本人は、左側の有声音を言っているつもりで、右側の無声音になっている場合が多いので、語尾を意識して両方とも練習してくださいね。

有声音の語尾 無声音の語尾
bag back
bug buck
dug duck
pig pick
bed bet
seed seat
heard hurt
hard heart
card cart
bud but
bid bit
hid hit
dead debt
wide white
said set
feed feet
ride right
cord court

あとがき

有声音と無声音の区別は、英語では至る所で重要になってきます。

その代表的な例が、過去形edの3種類の区別ですね。まだedの発音に不安がある方はぜひこちらの記事も参考になさってください!

過去形 -ed は発音3種類!区別の仕方と効果的な例文13選【保存版】 英語の文がうまく作れない人 「過去形の発音がうまく出来ないなあ。baked みたいに "ed"を見ると何でもかんでも ド ...