発音上達のコツ

英単語を発音するときの重要なコツと法則【見逃しやすい秘策】

こんにちは、小野です。

英語を学び始めて37年、現在は英語を教える仕事をしています。
発音も含めて英語をマスターしたので、昔は(20代では)気付かなかったところも今は気付くようになりました。

過去の僕はある事に気付かずに、ネイティブと会話していても、What?とたびたび聞き返されることがありました。

あなたは、英語の単語を発音する時にいつもどんな点を意識していますか?

今回は皆さんに、というよりは過去の自分に向けて解説していこうと思います。

英単語を発音するときに重要なコツと法則


単語を発音するときに最も大切なことは、どの部分(どの音節)を強く発音するか、という点です。

これをstressと呼びます。

実は、発音が多少乱れていても(下手でも)、強い位置さえ合っていれば、大抵の場合ネイティブに通じます反対に、間違った所を強くしてしまうと、発音が上手でも意外に通じなくなることもあります。

過去の僕はこれがわかっていませんでした(若い頃に結構痛い目に遭いました、、汗)

どの部分が強いか迷ったら、常に手元のスマホを使って、すぐに辞書等で確認する習慣を付けましょう。何度も繰り返し調べているうちに、必ずコツが掴めてきます。

単語の発音での最大のコツ

最大のコツは、強い部分を少し長めに発音することです。

強い部分は、他の部分よりも目立つようにするために、自然と少しだけ長くなります。それに対し、弱い箇所は、目立たないようにするために、母音もあいまい音にして、短く弱くなります。

「強い=長い」「弱い=短い」をなるべく意識して、普段から練習しておきましょう。

では、ちょっと練習してみましょう。

例えば、tomorrow

発音記号は [təmɔ́(ː)rou]

第2音節が強いので、-mo- を少し伸ばし気味に発音します。

出だしの音節 to- は弱い箇所なので、短く弱くあいまい音に発音。

次に、Japanese の発音をしてみましょう。大抵の方は、この単語を上手に言えていません。

発音記号は [dʒæ̀ːpəníːz]

3つ音節がありますが、3つ以上音節があるときは、強い箇所(ストレスのある箇所)は1つとは限りません。2か所強い場合もあります。

Ja-pa-nese は、第1音節と第3音節が強くなるので、伸ばすのは最後だけではなく、最初の音節も少し長くします。

「タタターン」ではなく「ターン・・ターン」のようなリズムです。

日本人が強い箇所を間違えやすい単語


強い箇所を少し長めにしてみましょう。

damage
message
manage
manager
chocolate
channel
Egypt
novel
model
Donald
common
different
average
family
celebrate
designate
attitude
photographer
choreography
kilometer
thermometer
a lot of
washing
watching
Stop it.

あとがき

単語の中の、強い位置stressは、慣れてくると辞書で調べなくてもわかるようになります。

ある一定の法則性を感じれるようになるからです。

大事なのは、常にスペルと発音の関係を意識しながら、ネイティブの感覚をつかもうとする姿勢だと思います。

以下の記事も重要な内容なので、ぜひ読んでみてください。今回の記事の理解もより一層深まると思います。

イントネーションが劇的に改善!英文を読むポイントは2つ【保存版】英語のイントネーションは発音以上に大切なときがあります。会話では、もしかすると発音以上に重要かもしれません。何を強くして何を弱くするのか、ある一定の法則が存在します。...
YouTubeを「ユーチューブ」と発音していませんか?ネット用語は要注意こんにちは、小野です。 ふだん何気なくカタカナで使っている「ユーチューブ」や「ツイッター」などの単語は、英語の発音とかなり違ってい...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です