単語の正しい使い分け

Why would I lie to you? でwouldを使う理由は?【現実と仮の区別】

なぜwouldなのか訳が分からない人
「仮定法は大体はわかった気がするけど、Why would I lie?(どうして私が嘘を付くのよ!)はどうしてwouldなの?? Why do I lie? じゃダメ? wouldじゃなきゃダメな理由はなに? わかんないよ・・・」

こういった疑問に答えます。

テーマ

仮定法wouldのネイティブ感覚を身に付ける

目 次
  1. Why would I lie to you? を仮定法にする理由とは?【現実と仮の区別】
  2. 現在形 Why do I lie? との大きな違いとは?

記事を書いている僕は、英語歴36年、講師歴20年、英語業界でプロとして生きてきました。現在は、当サイトのSkypeレッスンで発音から英会話まで日々英語を教える傍ら、当ブログで英語学習に役立つ情報を発信しています。そして、その信頼性担保のために、当サイトのマークがある音声はすべて私の声で収録しています。

本記事では、ふだんの英語学習で伸び悩んでるかも、と感じている方に向けて書いています。少しでもネイティブの感覚を知り、毎日の英語学習をより一層ラクに楽しくしていってくださいね。

この記事を読むことで「仮定法 would の本来の意味、そして現在形との大きな違い」までをイメージできるようになります。

それでは、さっそく見ていきましょう。

Why would I lie to you? で would を使う理由とは?【現実と仮の区別】

いきなり最初から「仮定法のwould」を考えようとするとつまづくので、まずはかんたんな現在形から順を追って見ていくと、スムーズに理解できると思います。

次の文をみてください。

難しくはないですよね。次はどうでしょう?

これも work out の意味を知っていれば大丈夫ですね。

ここで気付いて欲しい点があります。

・釣りが好き
・筋トレをしている

2つとも共通しているのは「事実」です。相手が「釣り好き」で「筋トレ好き」だということは事実ですね。英語で事実を話題にする場合は、必ず「現在形」で表現します。だから do を使っているわけですね。

普段の習慣や行動は、現在形を使う

では、今度は逆に、日本語を英語にしてみましょう。

「どうして私が嘘を付くのよ?」

【状況】自分は嘘を付いていないのに、相手から「あなた嘘を付いてない?」などと疑われた。

「嘘を付いている」というのは「事実」ではありません。事実ではないので「現在形」は使えません(現在形で言った場合、事実として認めたことになってしまいます)。

そこでいよいよ、仮定法 would の出番です。

Why疑問文なので、一見すると理由を聞いている普通の疑問文に見えますが、実はそうではありません。助動詞 would を使っているところがポイント。

would/could は必ず仮定法の意味合いが含まれています。現実ではない仮のニュアンスです。

「なんで私が嘘なんかつくのよ!(嘘をつくわけがないでしょう!)」

と、驚いて反論するときの文なんです。現実ではないこと、現実では考えられないこと、などを言われたり、目の当たりにしたときは、誰でも驚きますね。その気持ちこそが、仮定法wouldを使う感覚です。

細かく噛み砕いて訳すと

「私が嘘をついてるですって?? どうしてよ! もし私が嘘をついてるって言うなら、理由を言ってみなさいよ! 仮に嘘をついてるとしたら、どういう理由で私が嘘をついてるというのよ!」

仮のニュアンスを出して、言い返している気持ちです。→だから、would なんです。Why…? で聞いていますが、実際は答えを求めているわけではありませんね。ただただ反論しているだけの文です。

このような疑問文を、答えを求めていない疑問文、いわゆる修辞疑問文(rhetorical questions)といいます。日本語ではあまり「修辞疑問文」という文法用語を日常生活で使わないのですが、英語圏では結構 rhetorical question という言葉を使います。こういう「答えを求めていないWH疑問文」は、英語ではかなりの頻度で使われます。

現在形 Why do I lie? との大きな違いとは?

では、現在形の Why do I lie? と表現した場合は、どういう意味になるでしょう?

現在形と仮定法の区別を、もう一度ハッキリさせておきましょう。

Why would I lie? (なんで私が嘘をつくのよ!)となるように、嘘が事実ではない、仮にもどんな理由で嘘をつくのよ!というニュアンスを出したいので仮定法 would を使う、という説明をしましたね。

それに対し、現在形の疑問文は、普通に事実の理由を聞く質問です。中学1年の基本の文法を思い出しましょう。そもそも現在形を使う場面は「普段の習慣」を言うときですね。なので「現在形=ふだん形」のように頭に覚えておきましょう。訳すときも、現在形の文は必ず「ふだん、いつも」の言葉を補って訳すようにすると、間違わなくなります。

Why do I lie?

現在形を使っているということは、嘘を付いていることは事実なので、

のように独り言のセリフになります。

まとめ

いかがでしたか。doとwouldの使い分けを少しでも理解していただけたら幸いです。

ネイティブはこのwouldを会話で頻繁に使っています。日本語でも会話中に相手の言葉に驚いて、感情を込めて聞き返したり、反論したりすることはよくありますよね。

「あり得ない!」
「うそでしょ?」
「それは違うよ!」

このような感情になったときが、現実ではない「仮の話」をする瞬間なので、普段の生活の中でもいろいろとシチュエーションを探し当ててみるといい練習になりますよ。

最後に、仮定法については、下記の記事も参考になると思いますのでぜひご覧ください。

仮定法 would をさらに学ぶにはこちら

【保存版】仮定法 would をマスターする「現実と仮の話」の見分け方 仮定法の would でモヤモヤしている人 「文の意味は流れで一応だいたいわかるけど、would があるとなんかハッキリつ...