ネイティブならこう言う

知っていれば英語通!可能性やリスクもある「Chance」3つの意味

Chanceを「チャンス」だと思っている人
「ネイティブの英語を聞いていると、時々Chanceという単語が出てくるけど、「チャンス」の意味とは違ってた気がする。日本語とは違う、他の意味があるのかなあ。Chanceの本来の使い方を知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

この記事を読むことで、ネイティブ感覚のChanceの意味を知り、英語らしい会話に近づくようになります。

今回は、日本語のいわゆる「チャンス」の意味だけではない、いろいろな意味のChanceを解説していきます。

可能性や見込みのChance

こんにちは、小野です。

まずは、次の会話を見てください。

A: 彼に明日代わってくれるかどうか聞いてみるよ。
B: 可能性あるかな?
A: まずは聞いてみなきゃ。

この「可能性」は英語でどう表現するでしょうか?

言い方はもちろん一つではありませんが、ネイティブがよく使う単語はChance。

先ほどの会話は、ネイティブはたいてい次のように表現します。

A: I'll talk to him and see if he can replace you.
B: You think there's any chance of that happening?
A: We'll see.

日本語で「チャンス」と言うと、良い意味でしか使いませんが、「chance」は、元々良い事でも悪い事でも、何かが起こる可能性や確率を指します。

他にも possibilities, likelihood, odds などもありますが、日常会話ではchanceがよく使われますので、これからは「可能性・見込み」と来たらすぐに chance を思い出しましょう。

会話でよく使う構文

There's a chance that S will V.
(SがVするかもしれない、可能性がある)
Is there any chance of 人/物 V-ing?
(人/物がVする可能性あるかな?)※会話では先頭のIs thereは省略されることが多い
Do you think there's any chance of 人/物 V-ing?
(人/物がVする可能性あるかな?)

Chanceを使ったよくある例文7選

chanceのうしろは、thatでもofでも両方をよく使います。thatの後ろはS+V(文)がきます。ofの後ろは目的語+動名詞です。

I have a receding hairline. Do you think there's any chance it might grow back?
(髪の毛が後退してきてるんだよ。また生えてくるかな?)※髪の毛や植物・作物など。
Is there any chance you could see me today?
(今日何とか会う時間はありませんか?)
There's a chance we're not gonna make it through this.
(これを切り抜けられないかもしれない。)
Any chance of you coming to the party on Saturday?
(今度の土曜日にパーティには来られそうですか?)
I think there is a good chance that he will say no.
(彼はNOと言ってくる可能性大だな)
There's a 50% chance of rain tomorrow.
(明日の降水確率は50%です)
It's gonna be cloudy with a chance of rain.
(曇り、場合によっては雨になるでしょう)

「Is there any way + 文?」の形もよく使われます

簡単に使える!ネイティブならではの「Way」3つの意味と使い方 伸び悩んでいる人 「Wayの使い方がイマイチわからないなあ。道、方法、だけじゃないの? それと、Wayを使った英語らしい表...

賭けやリスクのChance

Chanceは、「一か八かの賭け、リスク、危険性」のような意味としても使われます。

I don't wanna take any chances.
(危ない橋は渡りたくない)
I'll take my chances.
(一か八かやってみるよ)
It's a chance I'm willing to take.
(喜んで試してみるつもりだ)
I'm not taking any chances this time.
(今回は一か八か賭けに出ることはしないつもりだ)

riskも類義語ですが、chanceのほうが圧倒的に頻度が高い。また、この意味で使うときは、複数形chancesを使い、動詞は常にtake。

チャンスや好機のChance

この使い方は日本語の感覚と同じですね。逆に言えば、この意味しか日本語で使っていないということですね。

Why even bother? You don't have a chance!
(わざわざやめとけ。どうせお前は無理だよ)※何かにチャレンジしようする人に向かって痛烈な皮肉と否定
I never got a chance to tell you.
(伝えるタイミングがなかった)
I haven't had a chance to look at it yet.
(まだそれを見てないよ)
He jumped at the chance to make some extra money.
(彼は小銭を稼ぐチャンスにすぐに飛びついた)

Chanceのイディオム


Chanceを使った重要イディオムを厳選しました。

Not a chance!

「無理だね。諦めな。」
You think you can beat me? Not a chance!
(俺に勝てると思ってるのか? 無理だよ)

Give me a chance.

「お願いです。やらせて下さい!」
I know I can do it. Please give me a chance. I won't fail you.
(絶対できます。やらせて下さい、お願いです。ガッカリさせませんから)

by chance

「偶然、たまたま」
I ran into Sam at the station by chance.
(偶然駅でSamに会ったよ)

by any chance

「ひょっとして、もしかして~ですか?」

Do you know his address by any chance?
(ひょっとして、彼の住所知りませんか?)
Do you speak any German by any chance?
(もしかして、ドイツ語を話せたりしますか?)
Do you have an extra pen by any chance?
(もしかして、余分にペンを1本持ってませんか?)
Are you awake by any chance?
(ひょっとして、まだ起きてる?)
Are you Mr. Smith, by any chance?
(もしかして、スミスさんでしょうか?)

あとがき

Chanceという単語が、これほど幅広い意味だということに驚かれた方も多いと思います。

普段カタカナで使っている単語ほど、そういうことが起こりやすいので、そんな時はいつも手元のスマホで調べる習慣を付けましょう。

そして、誰よりもカタカナ言葉の本来の意味に詳しくなってくださいね。