発音上達のコツ

コンビニ「SEVEN ELEVEN」店名を英語で正しく発音できますか?

こんにちは、小野です。

日本では1974年、東京都江東区に第1号店である「豊洲店」をオープンさせたコンビニ最大手「セブンイレブン」。私も中学生の頃、近所の小さな酒屋さんがある日突然セブンイレブンになり、当初は「午前7時~午後11時」だけ数年間営業していたのを今でも覚えています。

それからほどなくして24時間営業(open 24/7)になりましたが、この店名「SEVEN ELEVEN」を英語で正しく発音できますか?

コンビニ最大手の「SEVEN ELEVEN」店名を英語で正しく発音できますか?

「センイレン」とカタカナで発音してしまうと、英語圏の人達には大抵の場合、通じません。

なぜなら、カタカナだと「セン~」と言った時点で、“B”の破裂音が目立ってしまい、どうしても彼らには摩擦音である”V”の音に聞こえないので、よもや「seven eleven」だとは思えないからです。

実際、目の前で日本人が「セブンイレブン、セブンイレブン・・」 と必死にアメリカ人に説明をしても全く通じず、私が “She’s saying Seven Eleven と言ってあげた途端、”Oh, 7 Eleven! Thanks!” と反応したことが今までに何度かあります。

破裂音の”B”、摩擦音の”V” の違いは言うまでもなく大事ですが、それに加えて重要なのは、seven eleven と発音した時に生じる「リンキング(リエゾン)」。

“n” の子音で終わる単語 seven の後に、”e” の母音で始まる単語 eleven が来ているので、きちんと繋がっていないと彼らには聞き取りづらいのです。正しい発音はこうなります:

Seven_Eleven

発音記号は [sévən əlévən]。あいまい母音 [ə] も大事なポイント。リンキングとあいまい母音に注目しながら、何度もリピート練習してみてください。

Nのリンキング

下記の例は、よくある「Nのリンキング」が含まれている例です。つながりに十分に気を付けて練習しましょう。

15 hours
(15時間)
50 hours ※これはリエゾンはありません。
(50時間)
90210 → nine oh two one oh
(郵便番号)
70218 → seven oh two one eight
(郵便番号)
I have to wake up at 10 am.
(10時に起きなきゃならないな)
I woke up at one in the morning.
(午前1時に起きたよ)
It was a nine-hour flight.
(9時間のフライトだった)
It’s a thirteen-hour flight to New York.
(ニューヨークまでは13時間のフライトです)
It’s a 7-hour drive.
(車で7時間です)
Took me an hour and a half.
(1時間半かかったよ)
Can I ask you something?
(ちょっと聞いていい?)
Can you be more specific?
(具体的に言ってくれる?)
Can anyone hear me?
(誰か聞こえますか?)
I’ve been expecting you.
(お待ちしてましたよ!)
I’ve been on a diet for the past 2 months.
(この2か月ダイエットをしてます)
I’ve been on a roll.
(最近調子がいいんですよ)
I’ve been on a streak of good luck. ※bad luck にすれば「悪い運」
(最近運が良いのが続いているよ)
I’ve been in Japan my whole life.
(今までずっと日本にいます)
He comes in earlier than anyone else in the office.
(彼は社内の誰よりも朝早く出社している)
Have you ever held a gun in your hand?
(手に銃を握ったことがありますか?)
There’s one in Shibuya.
(渋谷に1店舗あるよ)
You’re on your own.
(もうひとりだんだからね)
You make mistakes when you’re in your 20s.
(20代はよく間違いをするものだよ)

上記以外にも、過去記事 Nのリエゾンを克服してカタカナ発音を正しい発音にレベルアップ!でも説明していますので、Nのリエゾンを日々意識して練習してくださいね。

通じなかった発音が通じた!Nのリンキングを克服するフレーズ30選突然ですが、"pineapple" を正しい発音で言ってみてください。 ほとんどの人が「パイ」を強くして「パイナポー」と発音してしまう...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です