ネイティブはこう表現

「猛烈に暑い」は英語で何て言うの?夏に関連したネイティブ表現20選

こんにちは、小野です。

今年も耐えられない程の猛暑ですね。39度まで上がった所もあったようなので、熱中症には十分に気を付けてください。

ところで、「猛烈に暑い」「極端に暑い」などは英語でどう言えばいいでしょうか?

今回は、「猛暑」に関する英語表現をまとめました。

テーマ

「猛暑」に関する英語表現を学ぶ

目 次
  1. 「猛烈に暑い」は英語で何て言うの?
  2. 「汗でびしょ濡れ/汗びっしょり/汗だくだ」は英語で?
  3. あとがき

それでは早速見ていきましょう。

「猛烈に暑い」は英語で何て言うの?


日本語でもいろいろと形容詞や副詞を前に置いて表現しますね。


「猛烈に暑い」
「極端に暑い」
「信じられないくらい暑い」
「とんでもなく暑い」
「めちゃくちゃ暑い」
「災害級の猛暑だ」

英語でもいろいろな形容詞や副詞があります。英語は形容詞の数が多い言語なので、数としては日本語より多いかなという印象です。

では、会話でよく使う代表的な表現を紹介しますね。

It’s extremely hot

「猛烈に暑い/極端に暑い」

一番シンプルな表現です。extremelyは「極端に、非常に、とても」という副詞なので、暑さだけでなく他の形容詞にも使えます。

It’s ridiculously hot

「馬鹿みたいに暑い」

「ridiculous」(ばかげている)の形容詞に -lyをつけて副詞として使うと、「馬鹿みたいに、アホみたいに」という意味になります。これはちょうど日本語と同じですね。

It’s scorching hot

「焼けつくように暑い、猛烈に暑い」

「scorch」は「何かの表面を焼く、焦がす」の意味。「焦げるくらい暑いね、焼けるように暑いね」という感じですね。

ちなみに、次のような英語でもOKです。

It’s a scorcher today.
It’s a scorching day.
It’s really scorching.

It’s burning hot

「焼けるように暑い、火傷するような暑さだ」

「burn」は「燃やす、燃える、火傷する」なので、「燃えるように暑い、火傷するくらい暑い」といった感じです。

ちなみに、You’re burning up. と言うと、「あなた、すごい熱だよ」の意味。

It’s boiling hot

「煮えたぎるように暑い」

文字通り、「茹でるような、沸騰するような暑さ」のことですね。日本語の「ゆでだこ、蒸し風呂」のような感じですね。

Can you open the window? It’s boiling in here.
窓開けてくれない?蒸し風呂だよ。

その他の「副詞 + hot」

先ほどの表現以外にも、英語はまだまだあります。参考までにご紹介します。


abnormally hot 異常なくらい暑い
awfully hot 酷く暑い
absurdly hot 馬鹿げてるくらい暑い
blazing hot 灼熱のような暑さだ
blisteringly hot 水膨れをつくるくらい猛烈に暑い
dreadfully hot 恐ろしく暑い
insanely hot 常軌を逸した暑さだ
intensely hot 激しく暑い
stiflingly hot 息苦しいくらい暑い
unbearably hot 耐えられない暑さだ

それにしても、英語は形容詞や副詞が本当に多いですよね。英語の最大の特徴でもあります。

「汗でびしょ濡れ/汗びっしょり/汗だくだ」は英語で?


sweatは、「汗」という名詞や、「汗をかく」という動詞でも使います。この単語を使った様々な表現をご紹介します。

I’m all sweaty

「汗びっしょりだよ」

sweatの語尾に-yをつけると、形容詞「汗でびっしょりだ」の意味。

I’m all hot and sweaty. I need to take a shower.
暑くて汗びっしょりだよ。シャワー浴びないと。

I’m drenched (in sweat)

「汗でびしょ濡れだよ」

「drench」は、「何かを極端に濡らす、湿らせる」という動詞。edをつけて形容詞で使います。


It’s insanely hot. 10 minutes outside and I’m drenched!
おかしなくらい暑いよ。10分外にいただけで、汗びっしょりだよ

I’m sweating like a pig

「汗だくだよ」

「豚のように汗をかいているよ」という英語独特の慣用表現です。面白い表現ですね。

I’m sweating buckets

「汗びっしょりだよ」

「バケツに溜まるくらい汗をかいているよ」という慣用表現。

I’m dripping with sweat

「汗が滴り落ちてくるよ」

dripは「滴る」のこと。

I’m covered in sweat

「汗まみれだよ」

covered in ~で覆われている、まみれている、の意味。coveredは他にも、

He’s covered in blood.
血まみれだ
He’s covered in bruises
あざ(傷)だらけだ

※「傷だらけだ、すごく怪我をしている」は、He’s pretty banged up もよく使われます。

「sweat」の他の表現

sweatは他にも様々な会話表現があります。

Don’t sweat it.
= Don’t worry about it.
心配するなよ。

No sweat.
= It’s a piece of cake.
= Just a walk in the park.
楽勝だよ。

You smell/stink of sweat.
汗臭いよ。

あとがき

今回は、「暑さ」や「汗」に関する英語表現をご紹介しました。

日本語と比べて、英語は本当に形容詞や副詞が豊富ですね。僕もまだまだ知らないものがあるので、全部を覚えるのは一生かかっても無理でしょう。それくらい他にもまだまだあります。

ちなみに、「汗」という単語 sweat で思い出しましたが、僕も時々飲んでいる飲料水「ポカリスエット Pocari Sweat」、実はほとんどのネイティブは、その名前にビックリするのをご存じでしたか?


「飲料水の名前にsweat(汗)・・。ポカリ汗?何それ!気持ち悪くて飲めないよ!」と必ずその名前に驚きます。英語圏から見れば、無理もないですよね・・・。確かにネーミングがダサいかも。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です