覚えるべき文の構造

「しないでくれる?/しなくてもOKだよ」は英語で?【Notの位置】

「~してくれる?/してくれますか?」という依頼やお願いは、

Can you _?
Could you _?
Would you _?

というのがよく使われる言い方ですね。例えば、「それ、やってくれる?」のようにカジュアルに言いたい時は Can you do that? となります(状況によっては「それ出来る?」の意味にもなります)。

では、否定のお願いはどうでしょうか?「~しないでくれる?」「できれば~やめてくれる?」などはどう言えばいいでしょうか。

「それ、しないでくれる?」は英語でCan you not do that?


否定のお願いなので「not」をどこかに入れなければなりませんね。

「それ、やってくれる?」
→ Can you do that?

これを否定の依頼に変えるには、どこにnotを入れたらいいでしょうか? ← 実はここが今日のポイント。

文頭の Can you は、この形で「お願い・依頼」を意味するので、これを変えるわけにはいきません。なので、動詞のほうに直接「not」を付けます。

「それ、やめてくれるかな?」
「それ、しないでくれる?」

Can you not do that

否定したい語のすぐ前に「not」を置くというのが、否定の基本ルールです。

助動詞Canを否定形にして Can't you do that? と言うと、「それ、出来ないの?」という否定疑問文になってしまいます。

あくまでも、Can you ~と言い始めて、後ろの動詞を否定形にして「~をしないでくれる?」という構造にするわけです。

Can you not tell him?
彼に言わないでくれる?
Can you not talk about that right now?
それ、今は言わないでくれる?
Can you not smoke right now? I'm eating here.
今は煙草をやめてくれる? 食事してるから。
Can you not watch me like that while I eat? I get distracted.
食べてる時にそうやってじっと見ないでくれる? 気が散るから。

その他の否定のお願い表現

否定のお願いは、その他にも様々な表現があります。いくつかご紹介します。

「話すのをやめていただけますか。」

Would you please stop talking?
Would you mind not talking right now?
Would you mind?
I was wondering if you would stop talking.
I'd appreciate it if you would stop talking.

「完璧じゃなくてもいいんだよ」は英語で?


否定語 not は否定したい語の前に置く、という基本のルールに触れましたが、他の文にもそのルールは当てはまります。動詞の直前に「not」が来ます。

まずは、It's okay to ... の形を使って、「~泣いてもいいんだよ」と言ってみましょう。

It's okay to cry.

It's okay to _.
=「~してもいいんだよ/いいですよ」

この形で使うのが基本です。ここで大事なのは、文頭の「It's okay to」の部分を固定させて使う、ということです。つまり、後半の内容が肯定・否定に関わらず、to の後ろを入れ替えるだけ、ということです。

では実際に文を作って練習しましょう。

「行かなくてもいいんだよ」

It's okay to not go.

このようになります。ちなみに、It's okay not to go. の語順でも問題ありませんが、ネイティブは「It's okay to」の部分を固定させて、動詞のすぐ前にnotを入れるほうが圧倒的に多いです。

最後にもうひとつ。

「完璧じゃなくてもいいんだよ」を英語にすると?

He is perfect. のように形容詞の文では、通常「Be動詞」を使いますね。ということは・・・

It's okay to not be perfect.

おそらく大半の方は、「to not be」よりも「not to be」のほうがしっくり来るのではないかと思いますが、ネイティブは圧倒的に前者「to not be」にします。あくまでも動詞のすぐ前にnotというわけですね。

It's okay to not like your dad.
(パパのことは好きじゃなくてもいいんだよ)
It's okay to not like dogs.
(犬が好きじゃなくても構わないよ)
It's okay to not talk about it.
(その話をしなくてもOKだよ)
It's okay to not be smart.
(頭がよくなくてもいいんだよ)
It's okay to not eat that right now.
(今それを食べなくてもいいんだよ)
It's okay to not be okay.
(大丈夫じゃなくてもOKだよ)
It's okay to not know what you wanna do.
(やりたい事が見つからなくてもいいんだよ)
It's okay to not know everything.
(全部を知らなくてもいいんだよ)

あとがき

今回は、会話でよく使う重要な構造を取り上げましたが、他にもぜひ知っておくとよい構造をご紹介します。

下記3つの記事は、日本人にはなかなか発想が難しい、英語ならではの構造です。ぜひ合わせてお読みください!

「使い方・操作方法を教えるよ」→ 英語ではWH名詞節を使おう! 英語が苦手な人 「英語で文を作ろうとすると、日本語と英語が全然違うことがあります。どうすれば英語らしい文が作れるようになる...
「来ないかと心配したよ」は英語で?会話必須の重要構文5選自分の気持ちを表現したいときに、英語の文はどのような構造になるでしょうか?実は、至ってシンプルです。2つの文を並べるだけでOKです。今回は、気持ちを伝えるときの、シンプルかつ重要な英語の構造を解説していきます。...

https://uniwords-english.com/look-how-cute/