ネイティブはこう表現

「令和おめでとう!」「新元号の令和が始まった」英語で言うと?

こんにちは、小野です。

新元号「令和」がいよいよスタートしましたね。いよいよ日本の新しい時代・新しい元号の幕開けです。

新元号は令和に決まった」の表現の仕方は先日書いたとおり、

The government made an announcement. The new era is called Reiwa.

のような感じになります。

では、「令和おめでとう!」「新元号の令和が始まった」英語で言うとどうなるでしょう?

テーマ

日本語に固執せず柔軟な発想で言い換える

目 次

  1. 「令和おめでとう!」「新元号の令和が始まった」英語で言うと?
  2. 「~に決まった」の英語表現7選

それでは、早速みていきましょう。

「令和おめでとう!」「新元号の令和が始まった」英語で言うと

結論から言うと、こうなります。

令和おめでとう!

→ Happy new era!/Happy Reiwa!

新元号の令和が始まった

→ The new era Reiwa has just started.

「~に決まった」の英語表現7選

「新元号は令和に決まった」の英語は、The new era is called Reiwa. のようにシンプルでOKです。
この「決まった、決めた」という言い回しは日本語でかなりの頻度で使っています。

今回は、この部分にフォーカスして、日本語と英語を比較しながら学んでいきましょう。

日にちは決めた?

→ Have you set a date?

「日にちを決める」の場合は、たいていは動詞setを使います。

何頼むか決まった?

→ Are you ready to order?

注文する準備はOKか、と聞いているので ready を使ったほうが自然ですね。

誕生日のプレゼント何買うか決まった?

→ What are you gonna get for her birthday?

これも、わざわざ「決まった」を無理に英訳せずに、単に「何を買うの?」と聞いてしまえばOKですね。

決まったら教えてね。

→ Let me know when you’re ready.

何か準備が整ったら、という状況で使うことが多いので、これも ready です。

決まったら連絡します。

→ I’ll get back to you once I’m finished.

これは、何が決まったら、なのかにもよりますが、「決まったら」→「終わったら」の場面が多いです。

新しい仕事が決まった!

→ I got a new job.

これは、「仕事が決まる」→「就職する」という日本語のイディオムですね。

次の行き先は決まった?

→ Where are you going next?

わざわざ decideを使って表現するよりも、「次どこ行くの?」とシンプルに言ったほうが英語らしくなります。

あとがき

いかがでしたでしょうか?ふだん使っている「決まった」「決めた」という表現一つ取っても、意外と日本語独特、日本語ならでは、だということがお分かりいただけたと思います。

日本語から英語にするときには、そのまま直訳ではなく、常に

「英語だったら、どんな表現が自然だろう?」

と意識しながら練習していくと、経験値を積んでいく事が出来ると思います。

さらに、令和でもより一層の英語力を身に付けていってください!

Happy new era to you all!

ABOUT ME
アバター
小野 秀政
中学1年の春に何気なくラジオ講座「基礎英語」を始めたのがきっかけで英語の世界に魅了される。そこから1日も欠かさず発音を中心に練習を続けた結果、18歳頃までにはネイティブと会話できるレベルに。社会人になってからは、英語関連の仕事をしながら、社会経験を積み、35歳で独立し、当スクールを立ち上げ、現在に至る。東京都港区在住、宮城県仙台出身。現在は日本人の生徒さん達にSkypeで日々英語のレッスン。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です