Sports

日本での誤訳報道が騒ぎとなった大坂なおみ選手記者会見 (20190124)

先日、大坂なおみ選手の記者会見の発言が、日本のメディアで誤訳された問題が、物議を醸しましたね。現場にいた日本人記者が英語力がないために、彼女の英語を誤って聞き取り、そのまま確認もせずに誤訳を日本のメディアに伝えてしまったのが原因のようですね。そもそもどうしてそんな英語レベルの低い記者を派遣するんですかね…

今日はこの会見のリクエストがあったので、その模様を冒頭から一語一句書き起こしました。日本語訳も添えてあります。最後のほうでなぜか(?)日本の記者達だけは日本語の質問が許されているのも不思議ですね。他の各国の記者たちはネイティブでなくても英語で質問しているのに、って思ってしまいます・・・

今回の動画は長いので、最初の約14分のみを対象としました。かなり長い記事なので、英語を勉強したい方は、じっくりとご覧ください。

 ※お時間のない方は、動画の再生箇所を 11:30 まで飛ばしてご覧ください。スクリプト箇所はこちらです。

Transcript(記者会見の質疑応答)

Q. Karolina just said, in her press conference, said you might have had the best game in your life. So, what do you think about that? What went well in the game?
 (カロリーナが記者会見で言ってましたが、今日は人生で最高の試合だったんじゃないかと。それについてはどう思いますか?今日の試合は何が良かったと思いますか?)

Naomi: Yeah, I mean, I don’t necessarily think I played the best I’ve ever played. But I mean, for me, what I take away from this is that I never gave up, and that’s something that I’m really proud of myself for.
 (必ずしも最高の試合だったわけではないと思うけど、今回学んだのは、最後まで決して諦めちゃいけない、ということかな。その点は自分を褒めてもいい部分かなと思ってます。)

There are moments in the match where I thought, like, “This is getting really close”. I just thought I wouldn’t forgive myself if I had, like, a little dip or a moment of accepting defeat. So, yeah, I mean, yeah…
 (「これはかなりヤバい!」と思った場面が試合中何度かあったけど、もし心のどこかで自分の負けを認めてしまう部分がほんのわずかでもあったら、自分のことを許せていなかったと思います。)

Q. How big of a deal would it be for you to not just become No. 1, but to become the first man or woman from Japan to hold that ranking?
 (世界ランク1位になるとしたら、どんなお気持ちですか? 日本人としても男女通して初のランキングということになりますね。)

Naomi: Yeah, I mean, of course that’s a very big deal for me. It’s one of the biggest goals that I had, I guess, playing the quarters, and then hearing that it’s possible.
 (ええ、もちろん、大変なことだと思います。自分の目標にしてたことでもありますし、準々決勝とか、ランキングとか、を考えると本当にそうだと思います。)

For me, my main goal is winning this tournament. I think the ranking comes after that. And I tend to do better if I focus on one goal.
(でも私の目標はまずはこのトーナメントに勝つことで、ランキングは後からついてくることです。一つのゴールに集中していたほうが、私は良い結果を出せると思うので。)

Q. Have a look at that photo, Naomi, that’s just behind you. We saw that sign a lot of times in the game. Tell us, what are you telling yourself in those moments? Because I know it’s used in good and in difficult moments?
 (その後ろにある写真をご覧いただけますか。そういう瞬間を何度も試合中見かけたので。そういう時はどんなことを考えているのですか?いい時も悪い時もあるとは思いますけど。)

Naomi: I mean, I guess for me, I just wanna keep myself pumped up. And yeah, I mean, that’s like a way that I keep myself focused, and not negative, because I do know that I have those tendencies. So, it’s more of a reminder than anything else.
 (いつも自分で気持ちを盛り上げたいと思っているので、そうですね、そうやって自分で集中しているのだと思います。自分はどうしてもネガティブになりやすい傾向があるので、そうやって忘れないようにしているんだと思います。)

Q. Naomi, you remember when I talked to you in Beijing after the US Open, you said you don’t want your career to be defined by one tournament. At the time could you have imagined you’d be in the final of the very next slam? How proud of yourself are you for doing it?
 (なおみさん、覚えてますか、US Openの後、北京でお話しした際に、自分のキャリアをたった1回のトーナメントで決め付けられたくないと言ってましたよね。その時に、次のグランドスラムでまた決勝戦にまで進むと想像していましたか?ご自身ではそのあたりは満足していらっしゃるんじゃないですか?)

Naomi: Yeah, I mean, it’s a little bit unreal. At the same time I realize the work that I put in during the off-season. Every match that I played, I tried my best. It just felt like it was a continuous effort, so…
 (ええ、少し信じられないくらいです。でもあれだけオフシーズン中にトレーニングした結果なのかなとも思っています。全試合、ベストを尽くしましたし。ずっと継続して頑張ったからかなと思ってます。)

Yeah, I mean, I can’t believe, about the same time, it’s sort of the reality I am in right now, so I can only keep going forward from here.
 (今いるこの現実がちょっと信じられないところはありますが、自分はここから前に進むだけかなと思ってます。)

Q. Lots of people who’ve had their kind of breakthrough slam, one of the slam events found it really hard to back that up. Why do you think you’ve been able to?
 (1度グランドスラムで成功した直後が難しいと大抵のプレイヤーは言いますが、そのあたりはご自身でなぜ出来たと思っていますか?)

Naomi: Yeah, I mean, everyone, the veterans from my press conferences, you guys know that I love Grand Slams. This is, like, a place where I think is worth all the training. When you’re little, you watch the Grand Slams, and you watch all the players play, like, the legendary matches here. For me, this is the most important tournament. There’s only four of them a year, so of course I want to do the best that I can here.
 (そうですね、皆、ここにいる記者のベテラン陣も含めて、私がグランドスラムが大好きなのはご存じだと思いますが、このステージは、トレーニングがすべて報われる場所なんです。小さい頃からグランドスラムを観て育ってきて、沢山のプレイヤーの試合を、伝説の試合を観てきてますから。だから、これが一番大事なトーナメントなんです。年に4回しかないので、私はただベストを尽くしたいだけです。)

Q. So, obviously you’re in this position and looking ahead to the final. You could say that you’ve been here before now. What’s that like?
 (このステージに今こうして決勝戦を見据えているわけですが、1度経験したことのあるステージですよね。お気持ちは?)

Naomi: Yeah, it’s a bit strange, especially since the Australian Open is so different from the US Open for me.
 (そうですね、何か変な感じですね、特に私にとっては全米オープンと全豪オープンはだいぶ違うので。)

Q. Can you say why it’s different?
 (どう違うんですか?)

Naomi: Yeah, it’s just the cities. They’re two completely different places, and the atmosphere I get is completely, like, opposite sides of the spectrum, despite the fact that they’re both hard-court tournaments. It’s a little bit weird for me.
 (そうですね、街自体ですね。全然違う場所ですし、雰囲気がとにかく全然違いますね、対照的と言いますか。どちらもハードコートのトーナメントなんですけどね。いずれにしても、私には少し変な感覚です。)

Q. Earlier in the tournament you played a couple players who mix up speeds, spins. How was it today playing someone like Pliskova?
 (今大会で、スピードやスピンを多彩に変えるプレイヤーとも何人か対戦しましたよね。今日のプリスコバのような選手はどうでしたか?)

Naomi: Yeah, I mean, it was a little bit different because I felt like she could end the point whenever she wanted to. But at the same time I played Su-Wei, and I did feel like Su-Wei hit the ball harder than Karolina. Because I thought that Karolina was playing a bit, like… She wasn’t making that much unforced errors, you know. Like, she wasn’t trying to go for much. It felt like she was waiting for me to do something most of the time, so…
 (そうですね、ただちょっと違ってたのは、彼女はいつでも自分のポイントで試合運び出来たはずなのにそうして来なかったところです。Su-Weiとも対戦しましたが、Su-Weiのほうがカロリーナよりボールのスピードが速かったですね。カロリーナはちょっと、アンフォーストエラーはあまりしない選手ですが、なんかこう、あまり自分から攻めてこなかった印象ですね。ほとんどずっと私の動きを待っていたような印象でした。)

The pace part wasn’t really a problem. It was just her serve was very difficult to read, so…
 (試合ペースに関しては、あまり問題はなかったと思います。とにかくただ彼女のサーブが予測しにくかったですね。)

Q. I’m curious how much of Stefanos Tsitsipas you’ve followed and if you think you two are kindred spirits at all?
 (少し気になってたんですが、Stefanos Tsitsipas のYouTubeチャンネルは観てみましたか?それと彼とは意気投合しそうな人に思えませんか?)

Naomi: I forgot to check the YouTube Channel. I forgot. Oh my god…
 (観るのを忘れてました! あらら。)

Yeah, I mean, he’s playing his match now, right? I’ll probably, like, see it when I go back to the hotel if they’re still playing, so…
 (彼も今出場してるんですよね? なので、ホテルに帰ってからチェックしてみます。)

Q. Years ago you said that if you were good enough, experience didn’t matter. And you know you’re 21, you won a slam, you’re in your second straight slam’s final. I’m curious. Is this experience or is this just you’re that good?
 (何年も前ですが、実力があれば経験値は関係ない、とおっしゃってましたよね。それで、今は21歳で、すでにグランドスラムでも1度優勝されていて、今大会では2大会連続決勝出場ということになりますが、これは経験値ですか、それとも、実力ですか?)

Naomi: Ooh, be careful with that LAST sentence.
 (今の最後のはちょっと危ない質問ね~。)

No, I think for me it’s experience. Because you know I’ve been in the third round. Like, I was stuck there for two years. And then as soon as I could break away from that, now I’m here again, I think that it’s just experience and a confidence issue for me it’s always been it felt like, so…
 (そうですね、経験値ですかね。今まで何度も3回戦を経験しましたから。というより、2年も3回戦止まりでしたからね。それでそこから抜け出した途端に、ここにまたこうしているので、やはり経験値とか自信とかが大きいと思います。)

I would love to say I’m that good, but literally I’m playing the best players in the world, and I’ve been playing three sets most of the time. So, it’s more like a battle of will at this point.
 (もう十分に実力がついたと言いたいところですが、今こうして世界のトッププレイヤーたちと戦っていて、そのほとんどの試合が3セット目まで行ってますので、実力というよりは、自分との闘いみたいな感じですね。)

Q. Looking ahead to the final, what are your thoughts on playing Petra?
 (決勝戦を前にして、対戦予定のPetraはどういう印象の選手ですか?)

Naomi: Yeah, I mean, we’ve never played before. And I think to have the opportunity to play her for the first time in a final of a Grand Slam is something very amazing.
 (そうですね、一度も対戦したことがないので、こんなふうに初対戦がグランドスラムの決勝戦というのは、とても素晴らしいことだと思っています。)

I’ve watched her play the Wimbledon finals. And I know what a great player she is. So, it’s definitely going to be very tough for me.
 (彼女のウィンブルドンの試合を以前観ましたが、本当に素晴らしい選手ですね。なので、今回は非常に厳しい試合になると思います。)

Q. …but the on-court temperature was about 70 degrees.
 (・・・コート上の温度は摂氏20度くらいだったと聞きましたが。)※最初の部分が音声不明瞭のため聞き取れず。

Naomi: Yes. When you say it like that, it sounds a bit intimidating. But hopefully, yeah, I mean, for me, I like sweating. Like, I like the heat. I live in Florida, so I would hope to say I’m used to that. Maybe not that degree.
 (あなたがそんな風に言うと、ちょっと怖いなあ(笑)。ええ、でも、汗をかくのは好きなので、暑さは嫌いじゃないですね。私はフロリダに住んでるので、慣れてる気温だといいんですけど。でもその気温はちょっとなあ。)

Yeah, I mean, I like it when it’s hot more than it’s cold, so…
 (寒いより、暑いほうが好きですよ。)

Q. You usually have a bit of a muted celebration. Today with the drama and the praying and all that, can you walk us through those last few moments? Are you making a conscious effort of being more vocal on the court or is this just happening and you don’t know?
 (なおみさんは普段は喜ぶ時にあまり声を上げないですよね。ただ、今日はいろいろと大変なことがあり、最後には祈るような仕草もあり、あの時はどんな心境だったんですか? 最近はなるべく意識して声を出すようにしているんですか、それとも、無意識なんでしょうか?)

Naomi: Yeah, I mean, for me, this entire match more than anything, it felt like we were equal. But I felt like for me, there are certain things that she’s better than me at, right? So I just felt like I had to keep pumping myself up. Every time there’s an opportunity or something doesn’t go my way, I had to keep being very positive. That’s what, like, the c’mons were for, and…
 (今日の試合は、本当に実力が拮抗していたというか、互角の戦いだったと思います。ただ、彼女のほうが一枚上手な部分もあったので、何とか自分を奮い立たせていました。チャンスが巡ってきたり、もしくは、上手くプレイ出来なかったりした時は、ポジティブに考えるようにしてました。なので、「Come on!」と叫んでいたのもそういう理由です。)

At the match point, it stressed me out when he called that ball “Out”. Yeah, I honestly really didn’t want to hit a second serve at that point. That’s what all of that celebration was.
 (最後のマッチポイントの時に、線審がアウトとコールした時は焦りました。あの時は本当にセカンドサーブをしたくなかったので。なので、ああいう喜び方をしたんだと思います。)

Q. We’re just taking it off tennis a little bit. Yesterday overnight there was a bit of controversy about one of your sponsors whitewashing a promotional campaign in Japan. I was wondering if you had an opinion on that?
 (テニスの話から少し逸れますが、昨夜ひと晩のうちに、あなたのスポンサーのひとつである日清が、CMキャンペーンでホワイトウォッシュ(白人化)したのではないかという議論が沸き上がっていました。何かご意見はありませんか?)

Naomi: Yeah, I mean, for me, I’m just focused on this right now. I’ve gotten to the final of a slam, and that’s sort of my main priority, so…
 (今はこの大会に集中しているので。やっと決勝戦まで来れたので、今はそれだけを考えています。)

Q. As a socially conscious person, are you content that this campaign has been taken off the media now?
 (社会を意識した立場として、このキャンペーンが中止になったことは満足していますか?)

Naomi: Yeah, I mean, like, I’ve talked to them, and they’ve apologized. And for me, like, it’s obvious, like, I’m tan. It’s pretty obvious. So, I don’t think they did it on purpose to be, like, whitewashing or anything. But I definitely think that the next time that they try to portray me or something, I feel like they should talk to me about it.
 (そうですね、日清とはすでに話もしましたし、謝罪していただきましたので。そもそも議論するまでもなく、私が褐色なのは明白ですし、彼らもホワイトウォッシュとかを故意にやったとは思ってませんから。でも、今度私のことを描く場合は、まずは先にひと言相談してほしいなとは思います。)

Q. You talked about these top matches being a battle of wills. Just talk about your will, do you think that’s a great strength of yours? When did you realize you had a strong will? Is that something that you can work on?
 (今回のようなトップの試合は「自分との闘い」だとおっしゃってましたが、ご自身の意志はかなり強いと感じてますか?いつ頃意志が強いと自覚されましたか?これから頑張って身につくものですか?)

Naomi: Yeah, I mean, for me, whenever I have a tough loss, like Brisbane was the last tough loss I have, I feel like I learn a lot from it. And the biggest thing I took away from that loss was the fact that I didn’t really try 100%, and I just accepted the fact that I was gonna lose.
 (そうですね、辛い敗戦のときはいつも、ブリスベンが前回の敗戦でしたが、いつも沢山の事を学んでいると感じます。ブリスベンの時に学んだのは、常に100%のベストを尽さねばならない事、自分の中で負けを認めた瞬間終わりだという事です。)

For me, at this tournament, I wasn’t really focused on winning winning. I just wanted to make sure that I tried 100% on every point. I’m still here, so thankfully that’s working out.
 (今大会では、「勝ち」だけを意識していたわけではなく、どのポイントでも100%尽くしたかを徹底して意識してました。今こうしてまだ残っているので、それが功を奏したのかもしれません。)

But I know that there’s other things that I can maybe, like, tiny details within the large thought that I’m having of trying my best, so, if that makes sense.
 (でも、ベストを尽くすという大きな目標の中で、もっと小さな点にも着目して改善できる点もあるのかなあとは思ってますが。)

Q. You said that you were stuck in the third round for two years. For us, your Grand Slam success seemed like it’s happened quite quickly. But you’re still young and it’s not normal. For you, does it feel like it’s happened quickly or taken a long time?
 (先ほど、2年間も3回戦止まりだった、とおっしゃってましたね。我々には、グランドスラムの成功はあっという間の出来事に映りましたが、まだ若くて、大変なことを成し遂げたことを、どう感じていますか?あっという間の出来事ですか、それとも時間がかかったという印象ですか?)

Naomi: Man, for me it feels like it took a while. Like, I’ve always wanted to get to the second week, you know. And I only did that last year for the first time here. So it definitely means a lot that I’ve gotten to the final here, of course.
 (私にとっては、だいぶ時間がかかった感覚ですね。毎回いつも大会の2週目まで残っていたいと思ってきて、去年はここで初めてそれが達成できたので、そうですね、たしかに、ここで決勝戦に進むことはとても特別なことですね。)

Maybe my time goes slower than your time, I don’t know. But definitely I remember all the matches that I lost in the third round. And especially since after you guys are so nice to me and you ask me, “How does it feel to always be stuck in the third round?” Yeah, that definitely makes me feel a lot better.
 (あなたの時間より私の時間のほうが、遅いのかしら 笑。でも、3回戦で負けた試合は全部ハッキリ覚えています。特に、皆さんがこうして私に優しくしてくれて「3回戦でいつも止まってしまうのはどんなお気持ちですか?」って聞いてくれるので、本当に今は嬉しいです 笑)

Q. How did it feel to be stuck in the third round?
 (3回戦で止まった時はどんな気持ちでしたか?)

Naomi: How could you? It felt great.
 (よくもまあ! 最高でしたよ 笑)

(11:30付近~)

Q. I just wanna go back to something you said earlier. I was having a conversation with someone else about this. It seems like the controversy over the Nissin ad mostly came from westerners, like people who are objecting to it. And I know, like, in other context, there’s been sort of a misunderstanding, I think, about the way Japanese people are drawn in manga. To western eyes it looks like, “Oh, you guys just make everybody look white because we have yellow hair or whatever”. And Japanese people are like “No, that’s not the case.” Do you feel like this is maybe just… Is this an example of cross-cultural misunderstanding? And like, as your star rises, you know, and you are, like, a star in Japan, and Americans start to pay more attention to you, Haitians start to pay more attention to you, how do you sort of see juggling that?
 (先ほどの話に戻りたいんですが、ある人に聞いたのですが、今回の日清のCM問題は、大半が西洋人からの批判だということです。一方では、どうも誤解があったようですが、日本人の漫画の描き方は、「普段は自分たちは黄色い肌とかなんだから、なんでも白くしてしまえ!」というように西洋人には見えていて、日本人からすると実際は決してそんな事はないと。これは異文化間の典型的な誤解だと思われますか? それと、現在あなたは日本のいわばスターになって、かなり有名になってきてますが、同時にアメリカでも注目をますます集めており、ハイチでも同様の状況ですね。この状況をどう思われますか?)

Naomi: Well, I mean, there’s a lot of Japanese reporters in here, so you want to ask them about the drawing thing.
 (ここに日本の記者の方がたくさんいらっしゃるので、日清の件はそちらに聞いた方がいいかと・・・)

But I think for me, I don’t, like, I get why people would be upset about it. But then, because the person that drew that is, I’m not really sure, but I think he was the creator of Prince of Tennis. I feel like you would have to do research on it, like, to see if he’s ever done things like this before.
 (でも、いろいろと怒ったりする人がいるのは私も理解できます。でも、その描いた人はたしか「テニスの王子様」の作者ですよね。だから、以前もこういうことをされていたのかどうか等、まずは色々とリサーチをすべきではないかと思います)

I mean, to be honest, I haven’t really paid too much attention to this. This is sort of the first time that anyone’s asking me questions. So I don’t really want to say anything wrong at this point. I feel like I should do my research before I answer, if that’s okay.
 (正直、あまり気に留めてなかったので、この件でいろいろと質問をうけるのはこれが初めてなんです。だから、現時点で間違ったことを言いたくないので、コメントは控えさせてください。答える前にちゃんとリサーチしてからにしたいと思うので。)

(これ以降は、日本人の記者からの質問が続くので、以下省略)

 

いかがでしたか? 聞き取りにくい箇所は、納得のいくまで何度も何度も聞くことが重要です。こうした「生の英語」で時々感覚をならしておくことも大切です。がんばってください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です