発音上達のコツ

Importantは発音できますか?Nの前後はTが消える【Tのリダクション】

英語の文がうまく作れない人
「Importantの発音がうまく出来ないなあ。インポータントかインポーランと発音してしまう。ネイティブと違うのはわかるんだけど、どう練習したらいいのか。何か基準やルールはあるのかな。」

こういった疑問に答えます。

テーマ

T音の2つの規則を学び、importantをネイティブ並みに発音

目 次
  1. Importantの発音はインポータントでもインポーランでもない!
  2. T+N(TがNの前)のリダクション
  3. N+T(TがNの後)のリダクション
  4. Tのリダクションを例文で練習
  5. あとがき

この記事を書いている僕は、英語業界でプロとして生きています(英語歴36年うち講師歴20年)。現在は、当サイトのSkypeレッスンで日々英語を教える傍ら、当ブログで英語学習に役立つ情報を発信しています。また、この記事の信頼性担保のために、当サイトの マークがある音声はこのページも含めてすべて私の声で収録しています。

本記事では、ふだんの英語学習で伸び悩んでるかも、と感じている方に向けて書いています。少しでもネイティブの感覚を知り、毎日の英語学習をより一層ラクに楽しくしていってくださいね。

この記事を読むことで、ネイティブの発音のコツを掴めるようになり、伸び悩みの突破口になるはずです。

あなたへの前置きメッセージ

正しいお手本で正しい練習をしていくと、徐々に発音のコツを掴んでいくと思います。気付くと練習していない単語も、同じ規則で自然と正しく発音出来るようになっているはずです。少しでもネイティブの発音に近づいて、会話をスムーズにできる人になってください!

それでは、さっそく見ていきましょう。

Importantの発音はインポータントでもインポーランでもない!

こんにちは、小野です。

importantの発音をきちんと練習していますか?

A: インポータント じゃないの?
B: いや インポーラン のように発音するらしいよ。

結論から言うと、残念ながらインポータントもインポーランも、どちらも正しくありませんどちらも、めちゃくちゃカタカナ発音です。

初心者や中級者の方が「インポータント」と発音するのは仕方ないとして、ほとんどの日本人が「インポーラン」のように発音するのを非常に多く見かけます。

しかも、ときどきテレビで見る通訳の方や、ふだん発音に自信のあるような方、時には英語を教えている講師の方々も「インポーラン」と言っているのを本当によく見かけます。

英語の発音にある程度慣れてる方は特に、本当の発音を知って愕然とするかもしれないですが、今日はぜひここで正しい発音を学んでくださいね。

Importantの発音

important [impɔ́ːrtnt]

 

発音のポイント
  1. porのところは、なるべく後半でR音を濃厚に!
  2. 1つ目のTで舌を上あごに付ける!
  3. そのまま「ン」と鼻から声を出す(舌は上に付けたまま)
  4. 語尾のTはどの単語でも常に止めることが多い
  5. 唇は軽く開けたまま終了(口は閉じちゃダメ!)。

ポイントは上記の通り。orのR音をしっかりと作ること。語尾の発音 -tant は実質上「ン」のような音だけになります。この語尾が最大の特徴です。唇は閉じずに、舌を上あごに付けたまま、「ン~」と言ったら、それで終わり。

このTが消える現象は、Nの前後や語尾で発生します。T音の欠落・脱落、またはリダクション(reduction)と呼ばれ、mountain, sentence, eaten, twentyなどで見られる現象です。超大事です。絶対に身に付けましょう。身に付くと一気にネイティブ並みになりますよ。

T+N(TがNの前)のリダクション

舌を口の中で上あごにくっつけたまま、終わらせます。唇は少し開けたまま。
すべての単語の語尾が important と同じ終わり方になっていることに注目です

eaten
mountain
fountain
sentence
written
Britain
curtain
button
Bill Clinton
Martin
certain

N+T(TがNの後)のリダクション

Tはないものと思って発音してください。ナ行のように発音します。

twenty
dentist
advantage
Atlanta
Santa Claus
Santa Monica
international
interview
disappointed
wanted to

Tのリダクションを例文で練習

Tの変化に注目しながら、同時に前後のリンキングにも気を付けながら、同じように言えるまで何度も練習しましょう。

I don’t think it’s important.
What’s important is you set the tone.
I wanted to be with you.
It’s written in English.
I went out last night.
I took advantage of it.
I’ve already eaten it.
I haven’t eaten lunch yet.
She went mountain-climbing.

あとがき

T音の変化は、全部で3つあります。

  1. Soft D
  2. 語尾Tの欠落
  3. Nの前後の欠落

今回は、3番の変化を練習しました。出来れば、1番と2番の変化もこの機会に練習してくことをおすすめします。

この記事で詳しく解説しています。

ネイティブ発音に近づく!T音の変化Soft Dを掴む3つの法則 英語の発音で悩んでいる人 「発音練習しているけど、どうしてもネイティブのように発音が真似できないなあ。何が原因なのか。上達...

またこちらの記事も、Tの変化を練習できますので、参考にどうぞ。

ネイティブ発音のコツは6つのルールだけ!カタカナから脱却する130語今回は、人名や地名、身の回りの物など、私たち日本人が普段よく目にする単語で、思わずカタカナ発音っぽくなりがちなものを徹底的に練習します。いつも使いそうな単語を徹底的に練習することで、英語らしい発音・リズム・アクセントが頭に浸透していきます。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です