カタカナ英語

「ハスペロ」と聞いて何かわかりますか?語尾 L の正しい発音の仕方

ネイティブと会話している時に、例えば

I went to ハスペロ last week.

と言ってきたら、その彼がどこに行ったのかわかりますか? 彼が言う「ハスペロ」とは一体何のことでしょうか?

すぐに気付いた方は、英語の発音にかなり慣れている方です。カタカナ発音とかけ離れているために、ほとんどの日本人が聞き取れないはずです。

こたえは・・・ hospital

「先週病院に行ってきたよ」という意味でした。このように、何でもない簡単な単語ほど、私たちはカタカナ英語でイメージしてしまいがちです。何度聞いても聞き取れなかった単語が、書いてもらって「あ~なんだそれか」となる方は要注意です。そうならないためにも、スペルと発音の関係を知り、正しく練習しておくことが重要です。ひとつコツを知ると、似たようなスペルが思い浮かぶようになるからです。

hospital の正しい発音の仕方

では、この単語の正しい発音を練習します。ぜひコツを掴んでください。

まずは、Longman Online Dictionary で、アメリカ発音(青い方の音声 をクリックして、お手本を聴いてみてください。いかがでしたか?「ハスペロ」と聞こえたね。

語頭の hos- 部分は、母音が college, hot などと同じ母音で、日本語の「ア」を、より大きく口を開けて、少し伸ばしたような発音です。スペル “o” が強い箇所(stressのある箇所)の場合は、7割程度がこの母音になります。残りの3割が、note [ou] や、son のパターンです。

次に、-pi の部分ですが、pi の母音は イとエの中間 [i] を意識して練習してください。[i] はどちらかというと日本語の「エ」に近いです。

最後に、語尾 -tal の部分です。これは、語尾にLが来た場合ですので、以下のような語尾であれば、すべて同じような発音になります。

-tal
-tel
-ttle

例えば、little という単語の発音を思い出してみてください。カタカナで書くと「リロ」「レロ」のような発音でしたね。ということで、語尾Lの部分は、Tと合体して「ロ」のような一つの短い音になるわけです。ちなみに、D+L の語尾も同様の音です。

hospital

もうこれで、「ホスピタル」などとカタカナ発音しないで済むようになりましたね。

語尾が T+L または D+L の単語

では、語尾が hospital や little と似たような単語でも練習をしておきましょう。似たものをまとめて発音練習すると、スペルと発音の感性を磨くことができます。カタカナ発音と比べながら練習すると効果的です。

capital
digital
total
battle
petal
shuttle
bottle
throttle
settle
title
accidental

middle
noodle
medal
pedal
needle

 

毎回音声もなるべく収録して公開しますので、ぜひリスニングやスピーキングの練習にお役立てください! なお、知りたい発音や、英語に関する質問などあれば、何でもお答えしますので、お気軽にコメント欄にメッセージください!

ABOUT ME
アバター
小野 秀政
中学1年の春に何気なくラジオ講座「基礎英語」を始めたのがきっかけで英語の世界に魅了される。そこから1日も欠かさず発音を中心に練習を続けた結果、18歳頃までにはネイティブと会話できるレベルに。社会人になってからは、英語関連の仕事をしながら、社会経験を積み、35歳で独立し、当スクールを立ち上げ、現在に至る。東京都港区在住、宮城県仙台出身。現在は日本人の生徒さん達にSkypeで日々英語のレッスン。