覚えるべき文の構造

「彼は見ていて飽きないね」を英語で言うと?【To不定詞の盲点】

こんにちは、小野です。

中学の時に習う構文で、「~するのは簡単だ」「~するのは楽しい」を英語で言うと、

It’s easy to _.
It’s fun to _.

というものがありますね。例えば、It’s easy to use.(使い方は簡単)、It’s difficult to swim.(泳ぐのは難しい)など。

今回は、この「To不定詞」を使った英文で、日本人の盲点になりやすい表現をご紹介します。

「彼は見ていて飽きないね」を英語で言うと?

ほとんどの方の共通点として、この「It_to_」構文で主語が「It」だと慣れているのに、It以外の人や物が主語に来ると、混乱する人を多く見かけます。

例えば、次の文をすぐに理解できますか?

He’s fun to watch.

機械的にそのまま訳そうとすると・・・

He’s fun to watch →「彼は観るのが楽しい」「彼は観るのが楽しみだ」

このように考える人が圧倒的に多いと思います。

正しい意味は、

He’s fun to watch.
→「彼は見ていて楽しい人だ」
→「彼は見ていて飽きない(面白い)

「見ていて飽きない」は日本語独特の言い回しです。英語にする時は「見ていて面白い」にしないと伝わりません。

この英文の意味が一発で理解できた方は、英語力は問題なし。ただし、この意味がすぐにわからない方が大半だと思います。単語の位置関係を理解すると意味が掴みやすくなります。

To不定詞の文では主語と動詞の関係を把握しよう


まずは、この文を見てください。

This book is easy to read.

どうですか?この文なら比較的理解しやすいと思います。

「この本は読むのが簡単だ → 読みやすい」となりますね。では次の文はどうでしょう?

This movie is fun to watch.

構造は先ほどと同じですね。「この映画は見ていて楽しい」です。この主語 This movie を別の物に置き換えてみましょう。

This movie → He に置き換えると、

He’s fun to watch.
彼は見ていて楽しい

要するに、watchの目的語が「He」ということです。

他の例文でも練習しておきましょう。

This is easy to cook.
これは料理しやすい

He’s fun to be with.
彼は一緒にいて楽しい

He’s fun to talk to.
彼は話してると楽しい人だ

He’s easy to talk to.
彼は話しやすい人だ

He’s fun to work with.
彼は一緒に働いていて楽しい人です

He’s fun to hang out with.
彼は一緒にいると楽しい

He’s easy to forget.
彼は忘れられやすい人だ

He’s easy to scare.
彼は怖がりだ

You’re a hard man to find.
あなたはいつもなかなか見つかりませんね

特に、最後が前置詞(with, to など)で終わる文は要注意。絶対に省略できません。

あとがき

He’s fun to watch.
「彼は見ていて飽きない」

この文は次のように言い換えることもできます。

It’s fun to watch him.
Watching him is fun.

ただし、最初の文が一番自然な言い方です。彼の性格や人柄を言いたいので、「He」を主語にするほうが自然だからです。

このように、「To不定詞」はいろいろな形に変化することが多いですが、その場面で一番何を伝えたいかによって、全体の構造が決まってきます。

たくさんの例文に触れてどんどん慣れていってください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です