ネイティブフレーズ

「てっきり_と思ってたよ」は英語で?ネイティブが使う「思い込み」

友人を待っている人
「友人と待ち合わせしてるんだけどなかなか来ないなあ。約束の時間はとっくに過ぎてる。あ、ようやく来た!『てっきり来ないかと思ったよ』は英語で何て言うんだろう?」

こういった疑問に答えます。

テーマ

「てっきり」の英語らしい言い方を学ぶ

目 次
  1. 「てっきり_と思ってたよ」
  2. 「一瞬~かと思った」
  3. あとがき

この記事を書いている僕は、英語業界でプロとして生活しています(英語歴37年うち講師歴は延べ20年)。現在は、当サイトのSkypeレッスンで日々英語を教える傍ら、当ブログで英語学習に役立つ情報を発信しています。また、この記事の信頼性担保のために、当サイトの マークがある音声はこのページも含めてすべて私の声で収録しています。

本記事では、ふだんの英語学習で伸び悩んでるかも、と感じている方に向けて書いています。少しでも英語の効果的な学び方を知っていただき、英語を自由に操れる力を付けて頂きたいと願っています。

この記事を読むことで、「てっきり~だと思った」と何かを思い込んだ時のネイティブらしいフレーズを使えるようになります。

あなたへの前置きメッセージ

ネイティブの感覚を理解できるようになると、自然に英語的発想が身についていくので、日本語の感覚を排除した英語らしい文を作れるようになります。そのためには、よい例文にできるだけ多く触れることが重要です。下のすべての例文に触れて、しっかりとネイティブの感覚を掴みましょう。

それでは、さっそく見ていきましょう。

「てっきり_と思ってたよ」


こんにちは、小野です。

「待ち合わせの相手が、もしかして来ないんじゃないか」
「今日は絶対に雨は降らないだろう」
「あの店は今は開いているだろう」

などと、何かをこうじゃないかと思い込んだり、決めてかかったりして、逆の結果になることがありますね。

例えば、待ち合わせの相手が連絡もなく30分も遅刻してようやく現れたら、「てっきり来ないかと思ってたよ」と言いたくなりますが、英語はどのように表現するでしょう?

「思う」をそのまま「think」で言いたくなりますが、assumeを使うほうがピッタリです。

thinkは単に「思う」ですが、assumeは「てっきり~だと思い込む」の意味が強いからです。

「てっきり来ないかと思ったよ」

I assumed you weren’t coming.

※「今」ではなく「少し前」に思っていたことなので assumed 過去形にします。後ろにつける文ももちろん過去形に合わせます。

※assumeの発音は正しくは [əsúːm] になります。-su- の部分は、「スー」でも「シュー」でもどちらでも問題ありません。

例文や会話例で見てみましょう。

A: When you said you were still at work, I just assumed you weren’t gonna make it.
(まだ会社にいるって聞いたとき、今日はもう来ないんじゃないかと思ってたわ)
B: I know you like surprises. Sorry I kept you waiting, honey.
(君がサプライズ好きだってことはわかってるから。待たせてごめんね。)

I assumed you didn’t like natto. You wanna try some?
てっきり納豆ダメかと思ってたよ。少し食べてみる?

Your car was gone, so I assumed you went to work.
車がなかったから、てっきり会社に行ってるのかと思った。

Based on his hair color, I assumed he was a dropout.
(髪の色から判断して、彼はてっきり中退者かと思った)

Based on what I knew about you, I assumed you were a worrier.
(今までの事から判断して、あなたは心配症だと思ってたよ)

When you said you were coming over, I assumed your husband would come along.
(来るって聞いたとき、てっきり旦那も一緒かと思ってたよ)

That’s actually thunder? I assumed they were tearing down a building near me. The rumbling lasted for 15 seconds.
(今のが本当に雷?てっきり近くでビルでも取り壊しているのかと思ったよ。雷の音、15秒も続いてたね)

I’m assuming you have a computer at home.
(自宅にパソコンあるんですよね?)

「一瞬~かと思った」


For a second (there) I thought _

“For a second, ..”(一瞬)とは、勘違いしそうだったけど、すぐに我に返って違うと気付いたことを意味します。for a momentでもOK。thereはあってもなくてもOK。

For a second there I thought you were gonna say you did it.
一瞬君がやったと言うのかと思ったよ。

For a second there I thought you disappeared.
一瞬いなくなったかと思ったよ。

For a second I thought you were serious.
一瞬本気で言ってるのかと思ったよ。

For a second I thought you left.
一瞬帰ったのかと思ったよ。

あとがき

英語学習で最も大事なのは、毎日「発見をする」ことです。

普段日本語をしゃべっている時に、「あ、これは英語で何て言うんだろう?」と常に問題意識・探求心を持ち続けることです。

継続してそういう意識でいれば、必ず毎日発見があるはず。「日本語はこう表現するけど英語ではこう表現するんだなあ」という日々の気付きこそが、上達です。

ぜひ毎日10分でも20分でも、生の英語に触れましょう。

「~かと思った、~だと思ってた」勘違いを伝える英語フレーズ5選!こんにちは、小野です。 別の記事 「間違えて~した」の最もよく使う英語表現は?「間違い」の表現5選 で「間違い」に関する表現の仕方...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です