とっさの重要フレーズ

簡単に覚えられる!ネイティブが頻繁に使うとっさの受け答えフレーズ20選

会話でとっさに反応するのが苦手な人
「ネイティブとの会話でうまく受け答えが出来ないなあ。とっさに言えなくていつも慌ててしまう。ネイティブがよく使う受け答えのフレーズなどがあれば教えてくださいな」

こういった要望に答えます。

テーマ

ネイティブがよく使う受け答えフレーズを学ぶ

本記事では、ふだんの英語学習で伸び悩んでるかも、と感じている方に向けて書いています。少しでもネイティブの感覚を知り、毎日の英語学習をより一層ラクに楽しくしていってくださいね。

この記事を読むことで、会話でとっさにどう反応するのが自然か掴めるようになります。

あなたへの前置きメッセージ

ネイティブの感覚を理解できるようになると、自然に英語的発想が身についていくので、日本語の感覚を排除した英語らしい文を作れるようになります。そのためには、よい例文にできるだけ多く触れることが重要です。下のすべての例文に触れて、しっかりとネイティブの感覚を掴んでくださいね。

それでは、さっそく見ていきましょう。

短くて簡単!ネイティブが頻繁に使うとっさの受け答えフレーズ20選

私が30年以上ネイティブと接してきた中で、よくある受け答えのフレーズを、よくある会話パターンで20個厳選しました。

同意・同調する

① Tell me about it.

「全くだよ/ほんとそうだよ。」
嫌な事について同意したい時に使います。

A: It’s tough being a father.
  父親も楽じゃないなあ。
B: Tell me about it. My son is even worse.
  全くだよ。うちの息子のほうがひどいもんだよ。

② Sounds about right.

「そんな感じだね/だいたいその通りだね」
相手の情報がおおよそ合っている時に使います。

A: I just messaged Bill on skype, but I doubt he’s gonna see it. He’s offline now.
  SkypeでBillにメッセージ送ったけど、見ないと思うよ。今オフラインだしね。
B: Sounds about right. He’ll probably get on last minute.
  そんな感じだね。ギリギリでオンラインしてくるかもよ。

③ I’m not surprised.

「そうだろうね/何の不思議もないね」
相手の情報が想定内のときに使います。

A: I can’t believe he just said that.
  さっきの彼の言葉信じられない。
B: I’m not surprised. He’s always full of himself.
  別に不思議じゃないよ。あいつはいつも自分のことばっかだから。

④ Something like that.

「そんな感じだね/だいたいそう」
相手の指摘や質問がおおよそ合っている時に使います。

A: So, you make most of your money off of YouTube, right?
  じゃ、収入のほとんどはYouTubeからってこと?
B: Yeah, something like that. I do other stuff though.
  だいたいそうだね。他の事もやってるけどね。

異議を唱える

⑤ It’s the other way around.

「その逆だよ」
相手の指摘や質問が見当違いの時に使います。

A: I thought she liked him a lot.
  彼女は彼のことを気に入ってると思ってたよ。
B: No, it’s the other way around. She really hates him.
  いや、その逆だよ。大嫌いみたいだよ。

⑥ Far from it.

「全然/まさか/その逆だよ」
相手の指摘や質問を強く否定したい時に使います。

A: Are you getting bored?
  退屈?
B: Far from it. I could do this all night.
  まさか!一晩中でもやってられるよ。

⑦ I doubt that.

「どうだろうね/それはどうかな」
相手の意見を否定したり疑問に感じた時に使います。

A: I can see you tomorrow.
  明日は会えるよ。
B: I doubt that. Your wife is with you all the time.
  それはどうかしら。奥さんいつも一緒でしょ。

自分の意見を言う

⑧ To each his own.

「人それぞれだからね」
第三者の意見や選択に賛同は出来ないが認める時に使います。

A: I know it’s a guilty pleasure, but I love eating ramen.
  いけないとわかってるんだけど、ラーメンがやめられない。
B: Hey, to each his own. I’m not gonna judge you for that.
  人それぞれだからいいんじゃない。私はそんなことでどうこう言わないから。

⑨ That sucks.

「最悪だね/最低。」
何かや誰かが最悪・最低だと言いたい時に使います。

A: Hey, how was your day?
  今日一日はどうだった?
B: My school sucks. All they care about is money.
  私の学校、最悪。お金のことしか頭にないんだから。

⑩ Can’t wait.

「楽しみ!/待ち遠しい!」
予定やイベントが待ち切れない、待ち遠しいと言いたい時に使います。I’m looking forward to より口語的で強い意味です。たいてい主語 I は省略します。

A: Hey, I bought two tickets for the movie.
  その映画のチケット2枚買ったよ。
B: You did? Thanks. Can’t wait!
  本当?ありがとう。楽しみ~!

⑪ I mean

「っていうか/つまり」
言葉に詰まった時や言い直したい時に使います。

A: What do you mean?
  どういう意味?
B: Well, I mean, I didn’t go there.
  いや、その、つまり、行かなかったんだよ。

⑫ I wish I could’ve been there.

「私も行きたかったなあ」
自分も○○したかったなあと言いたい時に使います。

A: I went to the Backstreet Boys concert last night. They were awesome!
  昨夜はBackstreet Boysのコンサートに行ったよ。カッコよかった!
B: I wish I could’ve been there. They’re my favorite band too.
  私も行きたかったなあ。私も大好きだから。

I wish 使い分け

I wish I could have done は、過去にしたくても出来なかったと悔やむとき。
I wish I could have seen him.
(彼に会いたかった)
I wish I could have been there.
(その場に自分も行きたかった)
I wanted to do とほぼ同じ意味。

I wish I had done は、過去にしておくべき事をしなかったと悔やむとき。
I wish I hadn’t done は過去にした事をすべきでなかったと悔やむとき)
I wish I had studied harder.
(もっと勉強すればよかった)
I wish I hadn’t said that.
(あんな事を言わなきゃよかった)
I should have done/I shouldn’t have done と同じ意味と覚えておくとよい。

(1) I wish I could have done
= I wanted to do
=「~したかった」

(2) I wish I had done
= I should have done
=「~すればよかった」

(3) I wish I hadn’t done
= I shouldn’t have done
=「~しなければよかった」

誘いに返事をする

⑬ We could do that.

「それいいんじゃない?/やろうよ」
相手の誘いや提案に賛同する時に使います。canでもOKですが、couldのほうが自然です。

A: How about we go to a different bar this time?
  どういう意味?
B: Yeah, we could do that. It’ll be an interesting change of pace I bet.
  いいね、そうしようよ。良い気分転換になるね!

⑭ Sounds like a plan.

「いい考えだね/ぜひやろうよ」
相手の誘いや提案に喜んで賛同する時に使います。planの前に特に形容詞は付けません。

A: Let’s go for a couple drinks after work.
  終わったらあとで飲みに行こうよ。
B: Sounds like a plan. What time do you get off at?
  いいね。何時に上がるの?

⑮ That’s fine with me.

「それでいいですよ/構いませんよ」
相手の依頼や申し出に応じる時に使います。I’m fine with thatとはあまり言いません。

A: Hey, I’ll probably be there a little past 7 tomorrow.
  明日は7時少し過ぎに君の家に着くと思うよ。
B: That’s fine with me. The place is a bit hard to find, so shoot me a message if you can’t find it.
  それでOKだよ。場所がわかりにくいから、迷ったらメールしてね。

⑯ Maybe some other time.

「また今度ね/またの機会に」
相手の依頼・申し出などを遠回しに断るとき。Maybe another time または Can I take a rain check? でもOK。

A: Hey, why don’t we go see a movie on the weekend?
  ねえ、週末映画でも見に行かない?
B: I’d love to, but I’ll be working. Maybe some other time!
  そうしたいけど、仕事があるの。また今度でいい?

MaybeとProbablyの違い

どちらも「たぶん/おそらく」の意味ですが、maybeは否定的、probablyは肯定的です。

確率的には、maybe=10~30%、probably=60~90% のようなニュアンスとして使われます。

申し出る・切り出す

⑰ Let me get this.

「私がやるよ/私が払うよ/ここは任せて」
率先して何かを申し出る時に使います。特に、支払いや来客応対時。Let me take care of thisでもOK。

A: Alright. Let’s get out of here. Let me get this.
  じゃそろそろ出ようか。ここは私が払うよ。
B: Thanks. I appreciate it.
  ありがとう。

⑱ Let me …… real quick.

「ちょっと~してくるよ」
少し席を外したり会話を遮ったりする時に使います。特に、お手洗い時。I’ll … real quick/fastでもOK。

A: Let me go to the bathroom real quick.
  ちょっとトイレ行ってくるね。
B: Sure. I’ll be outside.
  わかった。外にいるね。

驚く

⑲ Talk about 名詞/形容詞.

「まさに/まさしく~だね/どんだけ~なんだよ」
目の前の光景や今の状況に驚いて言いたい時。aboutのうしろは名詞だけでなく形容詞なども来ます。

A: Did you see how he talked on stage?
  今日の彼のステージでの喋り見た?
B: Talk about insecure. I’m pretty sure he’s gonna get kicked out really soon.
  どんだけ不安なんだよって話だよね。あれじゃすぐにクビになるだろうね。

⑳ Would’ve never thought that

「それは思いも寄らなかったなあ!」
相手のアイデアや提案に驚いて感心する時に使います。thoughtの代わりにguessedでもOK。

A: You put some miso in here. That’s the key.
  これに味噌を加えるの。これが決め手よ。
B: Miso? Would have never thought that.
  味噌?それは思い付かなかったなあ!

あとがき

いかがでしたか?

上に挙げた会話例はあくまでもほんの一例に過ぎません。会話はスポーツと同じで、どんなボールがどの辺に飛んでくるかわかりません。常に変化します。

ただ、ある程度の「型」「パターン」が存在するので、それを中心に覚えていけば会話は非常に楽になります。

ぜひ上の会話例を練習して、ネイティブとのコミュニケーションをより一層楽しんでください!

ABOUT ME
アバター
小野 秀政
中学1年の春に何気なくラジオ講座「基礎英語」を始めたのがきっかけで英語の世界に魅了される。そこから1日も欠かさず発音を中心に練習を続けた結果、18歳頃までにはネイティブと会話できるレベルに。社会人になってからは、英語関連の仕事をしながら、社会経験を積み、35歳で独立し、当スクールを立ち上げ、現在に至る。東京都港区在住、宮城県仙台出身。現在は日本人の生徒さん達にSkypeで日々英語のレッスン。