YouTube

2017年全米オープン時の大坂なおみ選手の動画から英語を学ぶ

こんにちは、小野です。

今回は、大阪なおみ選手の、過去の面白い可愛らしい映像を見つけましたので、今日は彼女の動画で生の英語を学んでみましょう。

2017年全米オープン時の大坂なおみ選手の動画から英語を学ぶ

2017年にUS Openに出場した際に収録した、WTAの自己紹介ビデオです(上の写真は小さい頃のお姉さんとの写真です)

《効果的なリスニング方法》

  1. まずは、そのまま動画を通してご覧ください。
  2. 次に、下記に記述した英語のセリフを見ながら、ご覧ください。
  3. 次に、日本語訳を見ながらご覧ください。
  4. 最後に、文字を何も見ないで、もう一度動画を見てみましょう。

Getting to know Naomi Osaka

I saw Federer twice yesterday, and I feel like I almost knocked him out cuz I was running in the hallway.
(昨日フェデラーに2回も会ったの。廊下を走ってたから、彼にぶつかって倒しそうになっちゃった)

Hi, I’m Naomi Osaka. I’m 19 years old and I play for Japan. I started playing when I was 3, and I think I mainly started because my sister was playing and I think I just really wanted to beat my sister a lot, and she was always better than me, so we had like a one-sided rivalry.
(大坂なおみです。19歳、日本人としてプレイしています。テニスは3歳から始めました。お姉ちゃんがやっていたので、自分も始めたんだと思います。それでいつもお姉ちゃんに勝ちたいと思ってやっていたけど、お姉ちゃんはいつも強かったので、一方的なライバル意識って感じでしたね。)

I beat my sister for the first time when I was around 16, I think. So, not that long ago. When I first, like, started the tour and playing, like, the Grand Slams and stuff, I was really really, like, shy, and I was kind of scared of everyone. But I really like the fact that the crowds were big. And I like playing on the big stages and playing, like, the best players in the world. So I think that kept me very motivated.
(お姉ちゃんに初めて勝ったのは16歳くらいの時でした。だからそんなに前じゃないですね。ツアーでプレイし始めた時は、グランドスラムなんかの時は、本当にシャイな子だったので、周りの皆がとても怖かったですね。でも、物凄いたくさんの観客だったり、大きなステージでトップ選手達とプレイしたりするのは、意外と好きでした。なので、やる気も持続できたんだと思います)

My favorite player’s still Serena and Federer. And I also really like Venus and I’m grateful I got the chance to play her.
(好きなプレイヤーは、セリーナとフェデラーです。ヴィーナスも大好きです。彼女とプレイできたことはとても感謝しています)

I saw Federer twice yesterday, and I feel like I almost knocked him out cuz I was running in the hallway. So, I almost knocked him out one time, but I feel like maybe they won’t be around for that much longer, so just having the chance to see them live and just being born in the same, like, timezone a little bit as them is really great, and I hope to be one of them one day.
(昨日フェデラーに2回も会ったの。廊下を走ってたら、彼にぶつかって倒しそうになっちゃった。1回倒しそうになった。でもトップの彼らにはこの先あまり長くは会えないだろうから、今こうして彼らに出会えて、同じ時代を生きていること自体がすごいことだなあと思ってます。私もいつか同じような存在になりたいですね。)

I’m friends with Monica, Su-Wei, the Japanese girls that can tolerate me. And also Belinda. You know it’d be bad if someone sees this and be like “Why didn’t she mention me?”
(友達は、Monica, Su-Wei, あとは私のことをよく我慢してくれてる日本の女の子たち。そして Belinda かな。あ、これ、もし誰かが見て、「なんで私の話は出ないのよ!」ってなったら、マズくない?)

I’d be glad if I have this many friends. So I’m just gonna cut it here.
(これだけたくさん友達がいれば嬉しいですね。そろそろこの辺でやめます)

If I wasn’t playing tennis, I would try to be, like, a marine biologist maybe, but I heard that you have to be truly good at math, so maybe that’s not really … Maybe I would try to be, like, a physio or something because you get to be around … I just like sports, so maybe like an agent in the end. I don’t know.
(もし今テニスをしていなかったら、そうですね、海洋生物学者になってるかな。でも数学が本当に強くないとダメみたいだから、やっぱり無理かな・・。理学療法士なんかもいいかな、だっていつもそばに・・・でも私はやっぱりスポーツが好きなので、最終的にはスポーツのエージェントかな、たぶん。)

Follow me on social media because I’m awesome and unique. Oh my god…
(SNSでフォローをお願いします。私はユニークでカッコいいですよ。何なのコレ・・笑)

 

Phrases of the Day(今日の表現)

  • knock … out ~を倒す、ひっくり返す
  • not that long ago そんなに前ではない ※thatは副詞「それほど」
  • …and stuff ~とかいろいろ。
  • kind of なんか、とか
  • be around そばにいる、近くにいる
  • get to 動詞 ~できる。~するチャンスがある

Vocabulary of the Day(今日の単語)

  • hallway 廊下
  • beat ~をやっつける、~に勝つ
  • one-sided rivalry 一方的なライバル意識
  • motivated やる気のある
  • grateful 感謝している、有り難い
  • tolerate ~を我慢する、耐える
  • mention ~に触れる、言及する
  • marine biologist 海洋生物学者
  • physio 理学療法士
  • awesome すごい、素晴らしい

なおみ選手は、本当に純粋で可愛らしい普通の女の子という感じですね。彼女の英語はいかがでしたか?

聞き取りにくい箇所は、納得のいくまで何度も何度も聞くことが重要です。こうした「生の英語」で時々感覚をならしておくことも大切です。がんばってください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です