おすすめの映画やドラマ

英語勉強におすすめの映画&ドラマ25選!英語のプロが教える勉強法

映画で英語を勉強したい人
「英語の上達のためには、生の英語に触れるのが一番だというのはわかるけど、映画や海外ドラマはどうなんだろう?観るとしても、何をどれだけ観たらいいのか…初心者におすすめのものがあれば教えてくださいな。 」

こういった疑問に答えます。

テーマ

英語勉強に最適なおすすめ映画&ドラマ

目 次
  1. 英語勉強に映画&ドラマがおすすめな理由
  2. 映画やドラマを使った英語勉強法
  3. 英語のプロが厳選!おすすめ映画20選
  4. 英語のプロが厳選!おすすめドラマ5選

記事を書いている僕は、英語歴36年、講師歴20年、英語業界でプロとして生きてきました。現在は、当サイトのSkypeレッスンで発音から英会話まで日々英語を教える傍ら、当ブログで英語学習に役立つ情報を発信しています。そして、その信頼性担保のために、当サイトのマークがある音声はすべて私の声で収録しています。

本記事では、ふだん英語を勉強していて、最近は少々伸び悩んでいて、英語は難しいなあと感じているような方に向けて書いています。少しでもネイティブの感覚を知り、ふだんの勉強が楽にしていきましょう。

英語学習の基本は、生の英語に触れることです。言葉の学習というのは、文字だけで練習していても上達は厳しいです。必ず「音」や「映像」の情報をなるべく増やして、五感をフルに使って英語に接するようにしてください。上達のスピードが全く違ってきます。

映画や海外ドラマは英語の勉強に非常に有効です。その場にいるかのような錯覚を起こしながら英語に触れているからです。

映画を使った勉強方法も合わせて、初心者にもおすすめの映画やドラマをご紹介していきます。

それでは、さっそく見ていきましょう。

英語勉強に映画&ドラマがおすすめな理由

英語の勉強には欠かせない、映画や海外ドラマのおすすめをご紹介していきます。
まずはその前に、なぜ映画やドラマが英語勉強にも適しているのか、そのメリットに触れておきます。

初心者でも映画ドラマを観るべき5つのメリット

理由①:状況に合った自然な英語を学べる

英語教材を否定はしませんが、ある程度練習を積んだ後は、初心者の方でも実践に近い場面の中で英語に触れることが必須です。

教材を使って黙々とひたすら英語の単語や文を覚えるのもある程度はいいですが、音や映像の中で出会った記憶は、脳内にはるかに色濃く刻まれます。しかも、この場面ではこの英語表現、というように状況に合わせて英語のフレーズを出すという習慣が身につきます。

理由②:英語の口調やリズムも学べる

怒っているときや笑っているときでは、同じ表現を言う際にもイントネーションや緩急が違いますね。

どの単語を強くするのか、弱くするのか、状況に応じて気持ちを入れながら練習出来るようになっていきます。

理由③:英語で会話する時の顔や手の動きを学べる

日本人と英語圏の人のジェスチャーは、何でもない普通の会話の中でも、全く違うことがあります。

目の動き、口の動き、肩や手の動きなど、あらためて眺めてみるとわかりますが、彼らは日本人とは明らかに違う動きをします。

例えば、先日もメジャーリーグのマリナーズで活躍している菊池雄星投手が、打者のヘルメット付近に死球を与えた際に、反射的に帽子を取ったことが話題に上がりましたが、日本では「謝罪」の意味でも、英語圏では「脱帽=敬意」の意味にとられるので、その打者にはすぐには理解してもらえなかったそうです。

英語圏の代表的なジェスチャー
  • 目をぐるぐる回す(あきれた意思表示)
  • 肩をすくめる(知らない意思表示)
  • 両手をピースのようにしながら、その指2本をチョンチョンと2回折り曲げる(皮肉やからかい)→ こちらの記事が参考になります

このような英語圏独特の body language を学べるのは、英語&ドラマならではですね。

理由④:多種多様な英語に触れられる

日本語でも、タモリさん、たけしさん、さんまさん、など人によってスピードも発音もリズムも全然違いますよね。英語ならなおさらです。

実生活では出会う人が限られてしまいますが、映画や海外ドラマなら、初心者でも様々な英語に触れることができます。英語が聞き取りやすい俳優さんもいれば、そうでないモゴモゴ話すような人もいますよね笑。さまざまな人の多種多様な英語に触れて耳慣れすることが大事です。

理由⑤:英語で五感を刺激する(右脳を使う)

初心者の方は特にそうですが、英語を勉強していると、無意識のうちに文字だけの勉強になりがちです。

英語は言葉です。言葉の基本は「音」。「文字」は二次的な補足にすぎません。

「文字」を使う中心は左脳ですが、音や映像は右脳中心ですね。左脳と右脳を同時に活発に使ってこそ、母国語を覚えた時に近い環境になります。英語を学ぶときは、なるべく文字以外の情報も同時に取り入れながらが理想です。

映画やドラマを使った英語勉強法

手順①:英語字幕で観る

日本語の字幕がないと全然わからないよ、という人はもちろん日本語字幕で最初は見ても構いません。英語学習のためには二度手間になりますが、2回目に英語字幕で観ましょう。

最初から行けそうな人は、ぜひ英語字幕に挑戦すべきです。英語しかない環境を作ることが何より大切だからです。最初から英語字幕を見ながら映画を楽しみましょう。

何本か観て少しずつ慣れてきたら、英語の字幕をなるべく見ないようにし、聞き取れなかったら目線を字幕に落として確認。その作業の繰り返しで確実にリスニングやボキャブラリーの英語レベルが上がります。

何年かしてレベルが高くなったら英語字幕すらもナシで構いませんが、初めから何もなしは禁物。

なお、大事な注意点がひとつ。DVDでは残念ながら英語字幕がないものもあります。字幕がある場合でも字数制限の関係で、DVDでは文字数をかなり省いた英文を打っていることも多々あります(例 I’m going to → I will など)。

できれば視聴するときのおすすめは、確実に英語字幕があり、かつ、英文が正確に反映されているブルーレイディスクのほうで観るべき。まだプレイヤーを持ってないという方は、この機会に思い切って英語学習用に購入しましょう。

プレイヤーだけ(再生だけ)のものだと比較的安価に手に入ります。おすすめのプレイヤーをページ下部「まとめ」に記載してありますので参考にどうぞ。

手順②:わからない単語や表現は都度調べる

聞き取れなかったり、意味がわからない単語やフレーズは、面倒でもその都度辞書で調べたほうがいいです。英和でも英英でも構いません。その手間をどれだけ習慣化させるかが大事。

その時に大事なことは、調べた履歴は必ず残すこと。おすすめは検索履歴が残るようなオンライン辞書などで、スマホでチャチャっとできるといいです。コピってどこかに貼り付けたり、という手間がないので、映画を観ている最中でもスムーズに済みます。後で自分が何を調べたのか定期的にチェックしましょう。

ちなみに、僕が愛用しているのは2つ。①英和辞書はアルクの英辞郎 on the web Pro(有料版)、②英英辞書は下記のロングマン現代英英辞典です。単語の説明英語が簡潔でわかりやすく初級~中級者にも最適です。この2つはぜひ使いましょう。

ロングマン現代英英辞典【5訂版】

ロングマン現代英英辞典【5訂版】

Enfour, Inc.\3,500posted withアプリーチ

手順③:気に入った英語表現は必ずメモる。

映画や海外ドラマを観ていて、気になる単語や表現が出てきたら、必ずメモりましょう。私はスマホのメモ帳等(iPhoneならNotes)にパパっと入力してます。その際に、何の映画のどの再生位置かを記録することも忘れずに(例 Back to the Future 0:35:23)。

また、この時に「ピッタリな日本語訳はこうかな」と自分なりに英語から日本語に変換しながら練習すると、より一層効果的ですよ。

手順④:メモった英語表現をひたすら練習

覚えるまで、毎日毎日、英語を声に出して練習。ひたすら練習。とにかく練習。また、ネイティブの友人や先生がいるなら、実際に使ってみること。

通じたときの喜びや、コミュニケーションが取れたときの感触は、記憶を一層定着させます。

英語のプロが厳選!おすすめ映画20選

英語学習に適しているオススメの映画や海外ドラマを紹介します。DVDではなく、なるべくブルーレイで観ましょう。

※おすすめ順に並べました。

(1) The Shawshank Redemption (1994) 

難易度:★★★★ Shôshanku no sora ni
(1994) on IMDb
この作品は名作中の名作です。↑IMDbの評価を見てください笑。「9.3」ですね。とんでもない数字です。日本でも超有名な作品ですよね。今までの私のネイティブの友人は誰でもこの作品を絶賛してました。名台詞も満載の、人生で是非見ておくべき映画です。

(2) Regarding Henry (1991)

難易度:★★☆☆☆ Regarding Henry
(1991) on IMDb
これはあいにくDVDしかありませんが、幸い英語字幕ありです。とにかく映画全体の雰囲気がいいです。主人公がリハビリで少しずつ文字や言葉を覚えるようになっていくところが絶妙です。全体を通して、英語も非常にわかりやすいので、かなりおすすめです!

(3) The Fault in Our Stars (2014)

難易度:★★★☆☆  The Fault in Our Stars(2014) on IMDb
不治の病を患った若い男女が、限られた時間の中で恋に落ち、夢を叶えようと支え合う姿を描く実話です。家族間や恋人間のリアルな感情のやり取りは、英語学習にも最適な題材。役者さんの英語も非常に聞き取りやすいです。

(4) Forrest Gump (1994)

難易度:★★★☆☆  Forrest Gump (1994) on IMDb
もう誰も知らない人はいないくらい有名な映画ですね。純真な性格の主人公に影響を受けていく周りの人達との絶妙な会話が映画全体の雰囲気を作っています。その英語自体、会話自体が非常に独特で、覚えたくなるセリフがいっぱいです。

(5) Searching (2018)

難易度:★★★★ Searching (2018) on IMDb
ある日突然年頃の娘が失踪します。動揺して取り乱しながら、必死に娘を探す父親の演技も見どころのひとつ。現代のSNSを駆使して父親一人で捜索する様子は、英語を学ぶのにもとてもオススメです。

(6) The Intern (2015)

難易度:★★★☆☆  The Intern (2015) on IMDb
この映画は設定と構成が実に見事な作品。毎日の忙しい人生で、ちょっと立ち止まって生き方を考えさせられるような、ヒントをくれるような、じわっとくる作品です。書店の英語本ではなく、やはりこうした生きた英語、深い内容のセリフ、などから英語を学ぶことがつくづく大切だと実感します。ロバートデニーロの名言も随所で光ってます。

(7) The Pursuit of Happyness (2006)

難易度:★★★★ Shiawase no Chikara (2006) on IMDb
ウィル・スミスと実の息子が親子で共演した初の作品。どん底の生活から這い上がろうと、公衆トイレでホームレス生活をしながら、何とか必死に息子のために人生の勝負に挑んでいく父親の姿に、最後はただただ涙です。彼の英語は少々速いので、聞き取りがちょっと難しいかもですが、多様な英語に触れる良い機会になると思います。

(8) The Bucket List (2007)

難易度:★★★☆☆  The Bucket List (2007) on IMDb
「bucket list」とは、「死ぬ前にやっておきたい事のリスト」という意味。実生活でも同い年であるジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンは、撮影当時は70歳ですが、二人とも素晴らしい演技を見せてくれます。多少英語は聞き取りにくい場面もありますが、たくさんの名場面と名セリフで、英語学習にもとても役に立ちます。

(9) We Bought a Zoo (2011)

難易度:★★★☆☆  We Bought a Zoo (2011) on IMDb
実話に基づく勇気と希望の家族ドラマ。大切な妻を亡くした主人公が、ひょんなことから動物園付きの物件を買うことになります。見終わった後の温かい感動は何とも言えません。マット・デイモンの英語は非常にクリアで聞き取りやすく、練習にはうってつけです。子供たちとのやり取りもたくさんあるので、子供の幼い英語も聞いていて練習になるはずです。

(10) Jumanji: Welcome to the Jungle (2017)

難易度:★★★☆☆  Jumanji: Welcome to the Jungle (2017) on IMDb
この映画は娯楽大作です。ストーリーも展開が速く見ていて飽きないですが、何よりも笑いどころ満載の映画です。英語のジョークが至る所に散りばめられているので、英語の字幕で大笑いできたらリスニングはバッチリですよ。とにかく見終わったに、ただただ「楽しかったー!」と叫びたくなる作品です。私は劇場で1回、ブルーレイで2回も観てしまいました笑。

(11) Ready Player One (2018)

難易度:★★★★ Ready Player One (2018) on IMDb
スティーブン・スピルバーグ監督作品だけあって、随所にニヤリとするような往年の80年代の映画作品のオマージュを発見する楽しみもあります。Back to the Futureの、あのデロリアンが動いているところをもう一度みたい方は必見。涙物です笑。英語は全体的に聞きやすい感じで、勉強するのにもオススメな作品です。

(12) The Terminal (2004)

難易度:★★☆☆☆  The Terminal (2004) on IMDb
スティーブン・スピルバーグ × トム・ハンクスのふたりが組めば面白くないわけがないです笑。カタコトしか英語を話せない東欧出身という設定のトムハンクスが、徐々に英語を覚えていくところも、かなり面白い。最後は何とも言えない感動に包まれます。英語学習にうってつけの教材といえるでしょう。

(13) The Sting (1973)

難易度:★★★☆☆  The Sting (1973) on IMDb
この映画は約45年前公開の作品。私はめったに昔の映画はおすすめしないのですが、この作品だけは別格です。とにかく爽快で面白い。古いことを感じさせない躍動感があります。ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの二大スターが共演なので、最初から最後までずっとカッコよくておしゃれ笑。名画中の名画。見たことない人は絶対に見るべき作品ですよ。それと、現代と昔の英語の雰囲気の違いも感じ取れるはずです。その辺も非常に興味深いです。

(14) 50/50 (2011)

難易度:★★★★ 50/50 (2011) on IMDb
生存率50%のガンを宣告された主人公の葛藤と、その周りの人達との関わりを、ユーモラスにエモーショナルに描いた作品。がん患者が身近にいると周りはこうなるのかという勉強にもなる、考えさせられる作品です。親友とのやり取りの英語は、英語学習にとても役にたちますよ。非常にオススメの映画です。

(15) The Descendants (2011)

難易度:★★★☆☆  The Descendants (2011) on IMDb
この映画は全編ハワイで撮影された、とても癒される作品です。家族愛、人生の岐路、夫婦愛・・・さまざまな難題に立たされる主人公をジョージ・クルーニーが演じ、監督は次のおすすめ作品「サイドウエイ」でアカデミー賞も受賞したアレクサンダー・ペインです。私はERの頃からジョージ・クルーニーの大ファンなのですが、この映画は彼の作品の中でも特に大好きな作品です。

(16) Sideways (2004)

難易度:★★★☆☆  Sideways (2004) on IMDb
この映画は地味ですがイイ映画です。ロードムービーもので、中年男性がカリフォルニアのワイナリーの田園風景の中で繰り広げる珍道中もまた面白い。冴えないふたりだからなおさら面白い。人生の「わびさび」を感じれる作品です。英語のスピードもそれほど速くはないので、リスニングにもおすすめです。ちなみに、2004年度アカデミー賞(脚色賞)他、96の映画賞を受賞した凄い作品です。

(17) Up in the Air (2009)

難易度:★★★★ Up in the Air (2009) on IMDb
ほとんど1年中世界を飛行機で飛び回り、企業のリストラを勧告する(クビを言い渡す)ことを仕事にしている主人公をジョージ・クルーニーが演じています。その助演女優には私の好きな女優さんヴェラ・ファーミガ。最初から最後までおしゃれな映画です。カッコいいけど、なぜか切ない主人公はやはり彼がピッタリです。全編にわたってセリフも英語学習にはとてもおすすめです。

(18) Ocean’s Eleven (2001)

難易度:★★★★ Ocean's Eleven (2001) on IMDb
この映画の出演者をみてください。ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、アンディ・ガルシア、マット・デイモン・・・すごくないですか?? もうこれだけで見たくなる作品です笑。私もこの作品は何度見たかわかりません。何度見ても楽しい最高のエンターテインメントって感じの映画です。勉強抜きにしても楽しめる一本です。

(19) The Matrix (1999)

難易度:★★★☆☆  Matorikkusu (1999) on IMDb
驚異のvisual effects(視覚効果)で、かつてない映像表現が話題となった近未来アクション超大作。あの弾丸をのけぞってかわすシーンは有名ですね。こうしたアクションものは、セリフが聞き取りにくいことが多いのですが、この作品は意外にもセリフが鮮明に、しかも比較的ゆっくりめに発音されているので、実は英語学習にとってもオススメです。

(20) Passengers (2016)

難易度:★★★★ Passengers (2016) on IMDb
この映画は、ジェニファー・ローレンス、クリス・プラットのダブル主演の作品で、どちらも私が大好きな役者さんです。全編にわたって、ほとんどふたりの会話しかありません。このふたりも非常に明瞭で聞きやすい英語を話すので、英語学習におすすめです。Sci-Fiものが好きな方は必見の映画ですよ。

英語のプロが厳選!おすすめドラマ5選

ここからは、おすすめの海外ドラマです。

(21) Breaking Bad (2008-2013)

難易度:★★★★ Bureikingu baddo (2008) on IMDb
上のIMDbの評価を見てください。9.5! おそらくアメリカドラマ史上最高の作品でしょう。物凄い中毒性のあるドラマです。1話みたらまたすぐに次を見たくなります。しかももっとすごいのは、シーズン5までどんどん展開が面白くなるという点です。いろんな人が出てきますので、いろんな英語、方言、スラング、アクセント、表現などなど、英語学習にとってはテンコ盛りも作品です。覚悟して見てください笑。

(22) Friends (1994-2004)

難易度:★★★☆☆  Friends (1994) on IMDb
もう説明の必要がないでしょう。言わずと知れた「フレンズ」です。何話から見ても面白い。英語の教材としても秀逸です。英語学習者は絶対に見るべき作品です。

(23) Westworld (2016-)

難易度:★★★★ Westworld (2016) on IMDb
人間そっくりのアンドロイド達がホストの世界を体験できる「ウェストワールド」というテーマパークが舞台の作品。全てプログラミングされた彼らは、自分を人間だと思い、仕事も持ち毎日を生活しているが、徐々に自我が目覚め、人間に対して異常な行動を起こし始める・・・そんなドラマです。このドラマもかなりの中毒性があります笑。ドラマに没頭したい!しかも現実離れした世界を見てみたい!という方にはおすすめ。

(24) True Detective (2014-)

難易度:★★★★★  True Detective (2014) on IMDb
マシュー・マコノヒー、ウディ・ハレルソンという映画スター豪華ダブル主演で描く、超一級の緊迫クライムサスペンスものです。まさに「映画を超えるようなドラマ」です。刑事もの、サスペンスものがお好きな方は超必見ですよ。英語教材としても素晴らしい作品です。

(25) 11.22.63 (2016)

難易度:★★★★ 11.22.63 (2016) on IMDb
このドラマはとにかく設定が面白い。1960年にタイムスリップしてケネディ暗殺を阻止しようと頑張る主人公ですが、なかなか思うように事が運ばずに、予想外の展開になっていきます。主人公のジェームズ・フランコは実力派若手俳優で、私の大好きな役者さんのひとり。英語も全編にわたってそれほど早口ではないので、良い教材です。

まとめ

かなり時間をかけて、数ある作品の中から、じっくり絞り込んで25作品を挙げました。そのため、かなり長い記事になりましたが、見てみようと思う作品はありましたか?

ぜひ今後の英語学習に役立ててください。

最後に、おすすめのブルーレイプレイヤーを紹介しておきます。

おすすめは昨年モデルのSONY製です。私も下記のものを1台持っていますが、とにかく映像がキレイで、動きが速い。

テレビにつないで視聴する方はこちらがおすすめ

おすすめのBlu-ray Disc Player

 

映画はノートパソコンで観るよ、という方は下記のプレイヤーがおすすめです。安心のPioneer製なので、とにかく安定感抜群です。

おすすめのポータブルプレイヤー

今回は以上となります。