会話頻出の構造

「何となくわかったよ」を英語で言うと?ネイティブが使うideaの意味

英語が苦手な人
「相手の話を聞いて、完全でなく何となくわかったよ、大体イメージはわかったよと言いたい時、英語で何て言うのかなあ。I almost understandみたいな感じ?なんか違うな。それとイメージはimageでいいのかな?」

こういった疑問に答えます。

テーマ

会話で頻出の構造を学び、表現の幅を広げる

目 次
  1. 「何となくわかったよ」は英語で何て言うの?
  2. ideaの意味①:イメージ
  3. ideaの意味②:心当たり
  4. ideaの意味③:考え
  5. ideaの意味④:驚き
  6. あとがき

この記事を書いている僕は、英語業界でプロとして生活しています(英語歴37年うち講師歴は延べ20年)。現在は、当サイトのSkypeレッスンで日々英語を教える傍ら、当ブログで英語学習に役立つ情報を発信しています。また、この記事の信頼性担保のために、当サイトの マークがある音声はこのページも含めてすべて私の声で収録しています。

本記事では、ふだんの英語学習で伸び悩んでるかも、と感じている方に向けて書いています。少しでもネイティブの感覚を知り、毎日の英語学習をより一層ラクに楽しくしていってくださいね。

この記事を読むことで、会話で頻出の名詞ideaとそれを使う構造を学び、表現の幅を広げる事が出来るようになります。

それでは、さっそく見ていきましょう。

「何となくわかったよ」は英語で何て言うの?


こんにちは、小野です。

相手の話や説明を聞いて、だいたいのイメージや大筋を理解したときに、日本語では「何となくわかったよ」「だいたいイメージはわかったよ」と言いますが、英語では次のように表現します。

「何となくわかった/だいたいイメージはわかった」

I get the idea.
I kinda get it.
I kinda understand.
I think I get it.

今日はこの中でもネイティブがよく使う I get the idea にフォーカスします。その他も出来れば覚えておくといいですよ。

日本語でよく使うカタカナ言葉「イメージ」は、英語では「image = 印象、映像、画像、描写」の意味で使うので、実は日本語の意味とは違います。

日本語の「イメージ」は、上の例のように「idea」という単語がピッタリ当てはまります。

このideaは、なかなかうまく使いこなせない方が多いと思うので、重要な4つの使い方を次に紹介しておきます。この4つはどれも日常会話でよく出てくるので、ぜひ幅広く使えるようにしておきましょう。

ideaの意味①:イメージ

「イメージ、概要、大枠、雰囲気、解釈」

この意味で使う場合は、可算名詞なので、a/anが付く。

get the idea
give .. an idea of
give .. a rough idea of
give .. a better idea of

I get the idea.
だいたいイメージはわかりました。
Can you give me an idea of how serious his condition is?
彼の容態がどのくらい深刻なのか教えていただけますか?
Can you give me a rough idea of what you have in mind?
どういうものをイメージしてるか教えてくれる?
Can you give me a rough idea of how long it will take?
どのくらい時間がかかるか大体を教えてくれますか?
Can you give me a rough idea of how much it will cost?
いくらぐらい費用がかかるか大体を教えてくれますか?
Can you give me an idea of what it looks like?
どんな形なのか大体を教えてくれる?
This will give you a better idea of how it works.
これを見れば仕組みがもっとわかると思うよ。
Don’t worry. You’ll get the idea.
今は心配しなくていいよ。そのうちわかってくるから。
“Upset” is like angry or distressed. That’s my idea of the word “upset”.
Upsetは「憤慨するとか動揺する」のような感じかな。それが私なりの解釈かな。

ideaの意味②:心当たり

「見当、心当たり、知識」

この意味で使う場合は、不可算名詞なので、no ideaやany ideaになる。複数形にはしない。

have no idea
Do you have any idea ..?
Any idea ..?

I have no idea.
全くわからないです(見当がつかない)
I have no idea where he is.
彼の居場所は全くわかりません。
Any idea where he is?
彼、どこにいるかわかる?
Do you have any idea how fast you were going?
何キロぐらい出してたかわかる?(警察官がスピード違反者に対して)
Do you have any idea why I stopped you?
なぜあなたを止めたかわかる?(警察官がスピード違反者に対して)
Do you have any idea who might have done this?
誰がこんなことしたのか心当たりありませんか?
I had no idea who he was.
彼が誰だか知りませんでした。
Do you have any idea what you cut your foot on?
何を踏んで足を切ったか心当たりは?

ideaの意味③:考え

「考え、提案、計画、発想、考え方、アイデア」

この意味で使う場合は、可算名詞なので、aが付いたり複数形になる

It was your idea
Is that your idea of ..?
I don’t like the idea of ..

It was your idea.
あなたがやろうって言い出したんでしょ。
I think it’s a bad idea.
それマズいんじゃないの?(やめておいた方がいい)
I told you this was a bad idea.
やめとけって言ったのに。
I hope your business idea comes to fruition.
あなたのビジネス案が実ることを願ってますよ。
We were kicking around different ideas. None of them seemed to resonate.
皆でいろんな意見を出し合ったが、どれもピンと来るものがなかった。
It was your idea to come out here.
ここに出てこようと言ったのはお前だろ。
I don’t like the idea of marriage.
結婚っていう概念が好きじゃない
I don’t like the idea of sharing the same room with someone else.
誰かと同じ部屋を共有するっていう発想が私にはない。
I don’t like the idea that I’m not in control of my life.
自分の人生を自由にできないという考えそのものが受け付けない。
Is that your idea of a joke?
それって冗談のつもりなの?(軽蔑)
Is this your idea of a good time?
こんなことが楽しいの?
The idea of paying in cash is obsolete.
現金で払うという発想が古いんだよ。

ideaの意味④:驚き

「驚き、落胆、怒りなど」

この意味で使う場合は、不可算名詞なので、no ideaやany ideaになる。複数形にはしない。

You have no idea
Do you have any idea ..?

You have NO idea how worried I was.
どれだけ心配したと思ってんの!(驚きや怒り)
Do you have ANY idea what this means?
これがどんな意味かわかる?(驚きや落胆)
Do you have any idea what time it is?
今何時だと思ってるの?(驚き)

あとがき


実は先日ネイティブの友人と会話をしていた時に、以下のようにideaが出てきました。

A: I sometimes go to EDION in Akihabara to check out new appliances.
 (時々家電の新製品を見に、秋葉原のエディオンに行くよ)
B: Where?
 (どこ?)
A: EDION. Let me show you some pictures of that area. It should give you an idea of where it is.
 (エディオンだよ。じゃ付近の写真を見せるよ。それでだいたいの場所はわかるだろうよ)
B: Ahh, yeah, I get the idea.
 (あー、はい、だいたいわかったよ)

友人が秋葉原のEDIONという店を知らなかったので、Google Street Mapsで教えてあげました。だいたいわかったようです。

こんな感じで、ideaという単語は会話で結構頻繁に登場しています。日本語の「イメージ」に相当するのでお分かり頂けると思います。

ぜひこのideaを使いこなせるようになってくださいね。

ABOUT ME
アバター
小野 秀政
中学1年の春に何気なくラジオ講座「基礎英語」を始めたのがきっかけで英語の世界に魅了される。そこから1日も欠かさず発音を中心に練習を続けた結果、18歳頃までにはネイティブと会話できるレベルに。社会人になってからは、英語関連の仕事をしながら、社会経験を積み、35歳で独立し、当スクールを立ち上げ、現在に至る。東京都港区在住、宮城県仙台出身。現在は日本人の生徒さん達にSkypeで日々英語のレッスン。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です