盲点になる文法

「何分遅刻したの?」How疑問文のルールと作り方【How+形容詞】

英文がうまく作れない人
「Howの使い方がイマイチわからないなあ。どれくらい=Howだけでいいのかなあ。Howの疑問文の作り方がイマイチわかっていません。何かコツやルールなどがあれば教えてくださいな。」

こういった悩みに答えます。

テーマ

How疑問文の作りかたと注意点を学ぶ

目 次
  1. How疑問文のあまり知られていない盲点とは?
  2. 「How + 形容詞」で表現する重要例文36選
  3. 「How + 形容詞」に対する答え方【数字+形容詞】
  4. 「How + 副詞」の疑問文12選
  5. 「How many/much + 名詞」の疑問文6選
  6. 知っておきたい How 疑問文16選
  7. 日本人の盲点を学べるおすすめの本【厳選2冊】

記事を書いている僕は、英語歴36年、講師歴20年、英語業界でプロとして生きてきました。現在は、当サイトのSkypeレッスンで発音から英会話まで日々英語を教える傍ら、当ブログで英語学習に役立つ情報を発信しています。そして、その信頼性担保のために、当サイトのマークがある音声はすべて私の声で収録しています。

本記事では、ふだんの英語学習で伸び悩んでるかも、と感じている方に向けて書いています。少しでもネイティブの感覚を知り、毎日の英語学習をより一層ラクに楽しくしていってくださいね。

この記事を読むことで、「How疑問文の作り方や盲点、具体的な習得項目、その後の練習方法」までをイメージできるようになります。

あなたへの前置きメッセージ

5W1Hの中でも特に日本人が苦手な「How疑問文」のネイティブの感覚を理解できるようになると、自然に英語的発想が身についていくので、最適で英語らしい構造で文を作れるようになります。そのためには、よい例文にできるだけ多く触れることが重要なので、例文をたくさん掲載しました。下のすべての例文に触れて、しっかりとネイティブの感覚を掴みましょう。

それでは、さっそく見ていきましょう。

1. How疑問文のあまり知られていない盲点とは?

英語を話せるようになるには、まず英文を正しい構造で作れるようになることが最も大切です。ネイティブらしい英文が言えるようになるには、伝えたい意味をどの構造を使って英文にするかが最も重要です。

英文を頭の中で素早く正確に作れるようになるには何が大切でしょうか? いろいろな意見があると思いますが、私が35年以上英語に接してきて、なおかつ、日々の皆さんとのレッスンを通して感じているのが、

「どういう構造で作るか、そして、どの品詞を使うか」

常にこの2点を意識することだと思っています。

「構造」とは、英文のいろいろなパターンのことです。こういう文を言いたい時には、この形(構文)を使う、この日本語の文のときはこういう英文の構造になる・・・そういった経験値を積み重ねていくことが非常に重要です。

ある程度、英文パターンを覚えたら、あとは「置き換え」をするだけ。覚えた構造の一部を別の単語に置き換えていくだけで、今の100倍、1000倍の英文を言えるようになります。

次に重要なのが、置き換える元の単語と同じ品詞の単語を頭にリスト化できるようになることです。例えば、happy, tired, excited, など同じグループ(品詞)を置き換えていくということです。

もちろん、名詞には名詞、動詞には動詞、形容詞には形容詞、のように同じ品詞同士で置き換えなければなりませんから、普段の英語学習の中でつねに「この単語は何詞か?」ということを意識して単語に接していることが重要なのです。例えば、happy は形容詞、happiness は名詞、という具合です。

では、「何分遅刻したの?」は英語でどう言えばよいでしょう?「遅刻」という言葉から late を使うのは想像できますね。「何分」は簡単に「どれくらい」と考えましょう。

How long are you late? いや、How much are you late・・・こんな感じかな?

思わずこのように考えていないですか? しかし、正解は・・・
How late were you?

あれ? “are you late”の語順じゃないの? “How late” って聞いたことないなあ。なんか変だなあ。

こう思った人は要注意です。

先ほど触れましたが、英文は「構造と品詞」を把握することが最も重要でしたね。 lateは形容詞です。その形容詞の程度をきく質問ですよね。どれくらい [形容詞] なのか、という構造は、皆さんが中学で最初の頃に学んだ How + 形容詞 という形でしたね。

How old are you?

この構造と同じということです。どれくらい old なのか=何歳 ということですね。old も late もどちらも形容詞です。よって、この old を late に置き換えればよいわけです。

同じように、文の一部を置き換えるだけで、以下のような文がたくさん作れるようになります。早速他の文で練習してみましょう!

2.「How + 形容詞」で表現する重要例文36選

Howで始まる疑問文はいろいろありますが、まずは How+形容詞 のパターンにはどんな文がよく使われているのか挙げていきます。日本語の訳を見ても構いませんが、最初はなるべく和訳を見ずに、英文だけを読んでみて意味を掴めるかどうか、試しましょう。

  1. How old are you? 何歳ですか?
  2. How tall are you? 身長はどれくらい?
  3. How hungry are you? どれくらいお腹空いてる?
  4. How big is your TV? あなたのテレビはどれくらい大きいの?
  5. How old is your TV? あなたのテレビは何年物?
  6. How old is your house? あなたの家は築何年ですか?
  7. How small is a micron? 1ミクロンはどれくらいの大きさですか?
  8. How heavy is a gallon of water? 水1ガロンの重さはどれくらいですか?
  9. How deep is this hole? この穴はどれくらい深いの?
  10. How high is the atmosphere from the ground? 大気圏は地表からどれくらいの高さまでですか?
  11. How tired are you? どれくらい疲れてるの?
  12. How late were you for school? 学校に何分遅刻したの?
  13. How good are you at math? 数学はどれくらい得意ですか?
  14. How good are you at cooking? 料理はどれくらい上手ですか?
  15. How good is your eyesight? 視力はどれくらいありますか?
  16. How good do you think he is at speaking Japanese? 彼はどれくらい日本語が上手だと思いますか?
  17. How close are we to finding him? 犯人の手掛かりはどうなってる?
  18. How happy are you with your job? 今の仕事にどれくらい満足してる?
  19. How interested are you in learning English? 英語学習にどれくらい興味がありますか?
  20. How cold can it get in the winter in New York? 例年のニューヨークの冬の最低気温はどれくらいですか?
  21. How hot can it get in the summer where you are? 今いるところは、夏は何度くらいまで熱くなるの?
  22. How old were you when you got married? 何歳のときに結婚したの?
  23. How old were you when you had your first boyfriend? 初めての彼氏は何歳のときだったの?
  24. How old were you when your mom died? あなたが何歳のときにお母さん亡くなったの?
  25. How old were you when you started smoking? タバコを初めて吸ったのは何歳?
  26. How old will you be on your next birthday? 次の誕生日で何歳?
  27. How old are you gonna be in 2020? 2020年には何歳になるの?
  28. How old do you have to be to drink alcohol in America? アメリカでは、アルコールは何歳から?
  29. How old do you have to be if you wanna get married in the U.S.? アメリカでは、結婚してもいい年齢は何歳なの?
  30. How old should a child be to get a phone? 子供には何歳から携帯電話を持たせるべきでしょうか?
  31. How far away is the sun? 太陽は(地球から)どれくらい離れていますか?
  32. How far along are you? 妊娠何か月ですか?
  33. How far above sea level is Tokyo? 東京は海抜何メートルですか?
  34. How far above earth is the International Space Station? 国際宇宙ステーションは地球からどれくらいの距離にありますか?
  35. How far below is the deepest subway in Tokyo? 東京で一番深い場所を通っている地下鉄は、地下何メートルですか?
  36. How wide across is a 55-inch TV? 55インチのテレビは、どれくらいの横幅がありますか?

何かの年齢を尋ねる疑問文では、
・How old were you …
・How old will you be …
・How old are you gonna be …
・How old do you have to be …
・How old should you be …

のように、 まず前半で必ず年齢を聞く質問を完成させなければなりません。そのあとに、どういう年齢を聞きたいのかを付け足していきます。決して、When …と同じ使い方をしないように注意。When did you get married? とは言えますが、How old did you get married? とは言えません。How old can you drive a car in the US? もダメです。How old do you have to be to drive a car in the US? のように言います。

3.「How + 形容詞」に対する答え方【数字+形容詞】

まずは、簡単に考えてみましょう。

例えば、「どのくらいお腹空いてるの?」は上の例文で、How hungry are you? とありますね。どのくらいhungryなのかは当然数字では表せないので、答え方としては

I’m very hungry.
I’m a little hungry.
I’m not hungry.

のように、形容詞の前に程度を表す言葉を置けばOKです。

では、How late were you? への答え方はどうでしょうか?

文の中に数字が必要になってきますね。例えば「私は10分遅刻した。」はどう言えばいいでしょう?

大抵の人は、I was late for 10 minutes. と言ってしまいますが、実はそれは間違い。正しくは

I was 10 minutes late.

先ほど述べたように、あくまでも形容詞の前に程度を表す言葉を置くというルールです。これは何かと似た構造になっていませんか?

I’m 40 years old.

皆さんは実は中学の頃からこの黄金ルールを習っていた、ということです。

他の代表的な使い方を見てみましょう。

  • This house is 20 years old. この家は築20年です。
  • My baby is 5 days old. 赤ちゃんは生後5日です。
  • This TV is 7 years old. このテレビは買って7年経ちます。
  • It’s 3 hours long. (映画などの長さが)3時間です。
  • This sandwich is one foot long. このサンドイッチは30センチの長さがあります。
  • I’m 5 months pregnant. 妊娠5か月です。
  • I’m two stations away. (待ち合わせの相手にメールで)あと2駅(で到着)だよ。
  • I’ll be 5 minutes late. 5分遅れます。
  • This TV is 75 centimeters across. このテレビは横幅75センチです。

old という単語は何にでも使える単語です。old TV とか、old shoes、old house などのように言うと、特に不自然に感じませんよね。なので、How old is your TV? や How old are your shoes? のように使うわけです。
How old is this milk? だってOKですよ。要は、時間がどれくらい経過したかを聞きたいときに、How old … となるわけですね。

4.「How + 副詞」の疑問文12選

「How + 副詞」は、基本的には形容詞の構造と同様です。副詞は動詞を修飾しますから、文のうしろにある動詞と意味が繋がっています。また、How+形容詞との違いは、答え方が一定していない、自由な文で答えてもOK、という点です。

  1. How much do you weigh? 体重はどれくらいですか?
  2. How fast does light travel? 光の速度はどのくらいですか?
  3. How hard should you push yourself at the gym? ジムで自分をどれくらいまで追い込めばいいでしょう?
  4. How late are you open? (お店などに対し)夜何時まで開いてますか?
  5. How soon can you get here? あと何分で来れそう?
  6. How soon can you renew your passport before it expires?? パスポートは有効期限のどれくらい前に更新可能ですか?
  7. How soon can you tell if it’s a boy or a girl? (生まれてくる赤ちゃんのことで)男の子か女の子かわかるのはいつ頃ですか?
  8. How far would you go to save your children? 自分の子供の命を助けるためなら、あなたはどんなことまでだったらしますか?
  9. How soon after giving birth can you drive? 出産後どれくらい経てば車の運転をしてもいいでしょうか?
  10. How soon after surgery can you fly? 手術後どれくらい経過すれば、飛行機に乗っても大丈夫でしょうか?
  11. How soon does a baby crawl? 赤ん坊は生後どれくらいでハイハイしますか?
  12. How soon can a baby get teeth? 赤ん坊は生後どれくらいで歯が生えますか?

体重の尋ね方は、
a) How much do you weigh?
b) What’s your weight?
c) How heavy are you?
d) How much is your weight?

など、いろいろありますが、最もよく使われる(most commonly used)表現は a) How much do you weigh?。 c) How heavy are you? は文法的には間違いはないですが、ちょっと失礼な言い方です。太っていることを前提で聞いているニュアンスが出てしまいます。 b) What’s your weight? も大丈夫ですが、どちらかというと看護師さん等が尋ねるような疑問文です。例えば、Let’s get your weight.(さあ、今度は体重を測りましょう。)のように、健康診断で使う場合は、名詞 weight を使います。 ちなみに、d) How much is your weight? は文法間違い。

5.「How many/much + 名詞」の疑問文6選

このパターンも忘れてはいけません。How many… または How much … の違いは、可算名詞か不可算名詞かによって決まります。大事なのは、名詞をmany/much のすぐ後ろに置く、という点です。絶対に文尾に名詞を置いてはいけません。
(例 How much did you drink coffee? → How much coffee did you drink?)

  1. How many languages do you think he speaks? 彼、何か国語を話せると思う?
  2. How many times do I have to tell you? 何度同じことを言わせるの?
  3. How many packs do you smoke a day? 一日に何箱吸いますか?
  4. How much time do you need? どのくらい時間が必要ですか?
  5. How much coffee do you drink every day? 毎日どれくらいコーヒーを飲みますか?
  6. How much do you get paid? 給料はいくらもらってるの?

6. 知っておきたい How 疑問文16選

ここでは、日本人にはちょっと難しいかなあ、と思う例文を挙げました。会話で頻繁に使われるパターンなので、ぜひ練習してみてください。

  1. How are you friends with him? なんであの人と友達なわけ?(良い意味でも悪い意味でも驚いたとき)
  2. How are some people rich enough to buy a Ferrari? 世の中にはフェラーリを買えるくらいの金持ちがたくさんいるけど、どうやってるんだろう?
  3. How is he a student? 彼って学生なの?うそでしょ?
  4. How can you go to Nagoya and not eat misokatsu? 名古屋に行ったのに、どうやったら味噌カツ食べないまま帰ってこれるの?
  5. How’s that possible? どうやったらそんなことが可能なの?
  6. How do you know him? どうして彼のことを知ってるの?
  7. How do you know if you’re getting better? 自分が上達してるかどうか、どうやって見極めればいいですか?
  8. How do you know so much about Japanese history? 日本の歴史になんでそんなに詳しいの?
  9. How do you do that? え、それ、いつもどうやってるの?すごいなあ。(特に答えを求めていない場合が多い)
  10. How do you find Japanese language? 日本語をどう思いますか?
  11. How do you like it here? (日本に旅行中の人や住んでいる人に感想を求めて)ここはどうですか?
  12. How would you like your steak? ステーキの焼き加減はいかがいたしましょうか。
  13. How do you want your steak? (同上)
  14. How do you want your money? (空港の両替所などで)何ドル札に両替したいですか?
  15. How do you say this in English? これは英語で何と言いますか?
  16. How do you spell it? どういうスペルですか?

返答を求めない疑問文のことを、rhetorical questions(修辞疑問文)と呼びます。この言葉 rhetorical はネイティブたちも会話でよく使う単語(誰でも知っている単語)なので、ぜひ覚えておいてください。日本語の文法では、「反語」とも呼ばれます。驚いたり、強調したりしたいときに、あえて疑問文の形にして、表現します。有名ではない人のことを指して、Who knows him? 誰があいつのことなんか知ってるよ?(誰も知らないだろ)のように日本語でも時々言いますね。ですので、それに対する反応は、Yeah. くらいでOKです。真面目に誰が知ってるかを考えようとしてはダメですよ(笑)。 上の例文でいえば、1, 2, 3, 4, 9, などが Rhetorical Questions です。

7. 日本人の盲点を学べるおすすめの本【厳選2冊】

最後に、ネイティブの英語感覚をマスターするうえでおすすめの書籍を紹介しておきます。