覚えるべき文の構造

「あと何分で来れそう?」は英語でHow soonを使おう【How+副詞】

待ち合わせの相手が少し遅れているので、あとどれくらいで到着するのか尋ねたいとき、英語で何と言えばいいでしょうか?

「あと何分で来れそう?」


「あと何分で来れそう?」は日本語的な言い方なので、英語にするには、「どれくらい早くここに着けそう?」と言えばOK。

How soon can you get here?
あと何分で来れそう?

または、疑問文をちょっと変えて、

How far away are you?
今どの辺にいるの?

と尋ねてもいいですね。I'm two stations away!(あと2駅だよ)などと返事が返ってくるはずです。

「How + 副詞」の疑問文12選

「How + 副詞」は、基本的には形容詞の構造と同様です。副詞は動詞を修飾しますから、文のうしろにある動詞と意味が繋がっています。また、How+形容詞との違いは、答え方が一定していない、自由な文で答えてもOK、という点です。

How much do you weigh?
体重はどれくらいですか?
How fast does light travel?
光の速度はどのくらいですか?
How hard should you push yourself at the gym?
ジムで自分をどれくらいまで追い込めばいいでしょう?
How late are you open?
(お店などに対し)夜何時まで開いてますか?
How soon can you renew your passport before it expires?
パスポートは有効期限のどれくらい前に更新可能ですか?
How soon can you tell if it's a boy or a girl?
(生まれてくる赤ちゃんのことで)男の子か女の子かわかるのはいつ頃ですか?
How far would you go to save your children?
自分の子供の命を助けるためなら、あなたはどんなことまでだったらしますか?
How soon after giving birth can you drive?
出産後どれくらい経てば車の運転をしてもいいでしょうか?
How soon after surgery can you fly?
手術後どれくらい経過すれば、飛行機に乗っても大丈夫でしょうか?
How soon does a baby crawl?
赤ん坊は生後どれくらいでハイハイしますか?
How soon can a baby get teeth?
赤ん坊は生後どれくらいで歯が生えますか?

「How many/much + 名詞」の疑問文6選


このパターンも忘れてはいけません。How many... または How much ... の違いは、可算名詞なら「How many 複数形」、不可算名詞なら「How much 単数形」となります。

大事なのは語順です。many/muchのすぐ後ろに名詞を置きます。絶対に文の最後に名詞を置いてはいけません。
(例 How much did you drink coffee? → How much coffee did you drink?)

How many languages do you think he speaks?
彼、何か国語を話せると思う?
How many times do I have to tell you?
何度同じことを言わせるの?
How many packs do you smoke a day?
一日に何箱吸いますか?
How much time do you need?
どのくらい時間が必要ですか?
How much coffee do you drink every day?
毎日どれくらいコーヒーを飲みますか?
How much do you get paid?
給料はいくらもらってるの?

知っておきたい How 疑問文16選

ここでは、日本人には難しそうなHowの例文を挙げました。会話で頻繁に使われるパターンなので、ぜひ練習してみてください。

  1. How are you friends with him?
    なんであの人と友達なわけ?(良い意味でも悪い意味でも驚いたとき)
  2. How are some people rich enough to buy a Ferrari?
    世の中にはフェラーリを買えるくらいの金持ちがたくさんいるけど、どうやってるんだろう?
  3. How is he a student?
    彼って学生なの?うそでしょ?
  4. How can you go to Nagoya and not eat misokatsu?
    名古屋に行ったのに、どうやったら味噌カツ食べないまま帰ってこれるの?
  5. How's that possible?
    どうやったらそんなことが可能なの?
  6. How do you know him?
    どうして彼のことを知ってるの?
  7. How do you know if you're getting better?
    自分が上達してるかどうか、どうやって見極めればいいですか?
  8. How do you know so much about Japanese history?
    日本の歴史になんでそんなに詳しいの?
  9. How do you do that?
    え、それ、いつもどうやってるの?すごいなあ。(特に答えを求めていない場合が多い)
  10. How do you find Japanese language?
    日本語をどう思いますか?
  11. How do you like it here?
    (日本に旅行中の人や住んでいる人に感想を求めて)ここはどうですか?
  12. How would you like your steak?
    ステーキの焼き加減はいかがいたしましょうか。
  13. How do you want your steak?
    (同上)
  14. How do you want your money?
    (空港の両替所などで)何ドル札に両替したいですか?
  15. How do you say this in English?
    これは英語で何と言いますか?
  16. How do you spell it?
    どういうスペルですか?

返答を求めない疑問文のことを、rhetorical questions(修辞疑問文)と呼びます。このrhetoricalという言葉はネイティブなら誰でも使う単語なので、ぜひ覚えておきましょう。日本語の文法では、「反語」とも呼ばれます。驚いたり、強調したりしたいときに、あえて疑問文の形にして、表現します。有名ではない人のことを指して、Who knows him? 誰があいつのことなんか知ってるよ?(誰も知らないだろ)のように日本語でも時々言いますね。ですので、それに対する反応は、Yeah. くらいでOKです。真面目に誰が知ってるかを考えようとしてはダメですよ(笑)。 上の例文でいえば、1, 2, 3, 4, 9, などが Rhetorical Questions です。

日本人の盲点を学べるおすすめの本【厳選2冊】

最後に、ネイティブの英語感覚をマスターするうえでおすすめの書籍を紹介しておきます。