Conversation Quiz

「職場の人(同僚)」はco-workersじゃない?英語では名詞ではなく「節」

0%

0 votes, 0 avg

82

日本語は名詞でも、英語は「節(S+V)」

日本語をそのまま英語に訳すと、ほとんどの場合不自然な英語になります。例えば「職場の人(同僚)」はco-workersと言っても問題なさそうですが、ネイティブはそれほどこの名詞を使いません。大抵のネイティブは the people I work with(私が一緒に働いている人達)と言います。日本語では名詞でも英語では「~する~」のように文(節)で表現する方が圧倒的に多くなります。今回はこの感覚をトレーニングしましょう。

合格ラインは70%です。

1 / 10

「使い方を教えるよ」
※機械の操作方法を教える場面

2 / 10

※商品名を聞かれて
「名前は思い出せないなあ・・」

3 / 10

※発音が難しそうな単語を言われたので
「それ、どう発音するの?」

4 / 10

※まだしばらくは変わらない状況が続きそうなので
「少し様子を見ようか」

5 / 10

「職場の人達とは仲が良いですか?」

6 / 10

※上司が見当たらないので同僚に尋ねる
「彼の居場所知ってる?」

7 / 10

※息子が夜遅くまで出かけて帰ってこないので父親が母親に尋ねる
「あいつが居そうな場所はわからないか?」

8 / 10

※相手と同じ経験があるので
「その気持ちわかるよ」

9 / 10

「あなたの考えを教えてよ」

10 / 10

※相手のこれからする行動に不安を感じた時
「本当に大丈夫なんだよね・・・」

Your score is

The average score is 65%

0%